FC2ブログ
2019.12.06 11:22|
同い年の妻が事故で死んだ。それから3ヵ月、心が動かない。北野は亡き妻の鍵のかかった携帯電話に、4ケタの数字を順番に打ち込むだけの毎日を過ごしていた。ついにロックの解けた携帯には、妻の秘密が残されていた。4年間を一緒に過ごした女性のことを、僕は何も知らなかったのかもしれない――北野俊英、33歳。喪ってから始まる、妻の姿を追いかける旅。

続きを読む >>

2019.11.23 16:42|映画

e0862003815ff2b6.jpg


原題の副タイトルは「Dark Fate」(暗い運命)なのに、邦題では『ニュー・フェイト』(新しい運命)と変えられて日本では上映されているが、『ニュー・フェイト』で妥当じゃないだろうか
伝説の戦士サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が甦り嬉しい。同じ年頃の女主人公が活躍するストーリーは滅多にないもの。登場しあっという間にREV-9を爆発物で無力化したサラにカッコイイと胸の裡で拍手を送る。鋭い眼光と凛とした美しさ、鍛え上げられた身体と強靱な精神力、オーラを感じる。

続きを読む >>

2019.11.22 11:16|
著者 : 彩瀬まる
河出書房新社
発売日 : 2019-08-08
作家・埜渡徹也の妻・琉生は、突然、大量の植物の種を飲み、倒れる。翌日、彼女の毛穴から皮膚を突き破って出てきた芽は、やがて森となって街をも浸食しはじめる。

ジェンダーをテーマにした作品。20代後半までの私の中では大問題だったのに、憑物が落ちたかのように鳴りを潜めてしまっている今は、艱難辛苦で読了。しかし、徹也の一族が経営している呉服店の後継ぎに徹也が選ばれなかった切り口は妙に心に残りました

続きを読む >>

2019.11.15 11:01|DVD
(10月初旬に鑑賞したのですが、感想は今日になりました)
「これは経費で落ちません」のテレビ番組を愉しく観て多部未華子さん主演の映画を観たくなった。
女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。名前を節子にし人生を取り戻そうとする。のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから、孫が率いるバンドのボーカルとなる

続きを読む >>

2019.11.08 16:39|
英国でこの世を去った大伯母・玉青から、高級住宅街にある屋敷「十六夜荘」を遺された雄哉。思わぬ遺産に飛びつくが、大伯母は面識のない自分に、なぜこの屋敷を託したのか?遺産を受け取るため、親族の中で異端視されていた大伯母について調べるうちに、「十六夜荘」にこめられた大伯母の想いと、そして「遺産」の真の姿を知ることになり―。

続きを読む >>

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる