--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11.29 16:39|

1953年作

やはり名作でした!
夢を追う(見る)男と質素でも堅実な生活を求める女たちの物語ー。
江戸時代後期に上田秋成が書いた原作を1953年に映画化は、私の生まれ年でもあります。
死霊・若狭姫を演じた京マチ子の怪しい魅力、田中絹代の母性、水戸光子のたくましい女の迫力は一見に値します 。
霧たちこめる琵琶湖に舟を漕ぐシーンは幻想的、舞台となる長浜の武家屋敷に夜が近づき、屋敷の侍女たちが通路や部屋に明かりを灯していく場面などは王朝絵巻物を観ているようでした。若狭の着ている織物の手触りや色彩が想像でき、白黒でも充分色彩が感じられるものなのだと発見です。
宮木(田中絹代)の現実的なシーンから、京マチ子演じる物の怪の世界が対比されるように描かれていますが、このふたつの情念が溶け合うような結末が用意されていました。
死んでも夫を待ち続けた宮木の亡霊は不憫でした。
原作にある一首は ”さりともと思ふ心にはかられて 世にもけふまで生ける命か”。(それにしても、夫がもうすぐ帰ってくるだろうと思う自分の心にだまされて、よくもまあ、今日まで生きてきたことです)。
憂いを抱えた表情で繕い物をしている宮木に比し、妻が待っていたと信じて寝入ってしまう源十郎。家族の元へと帰ると決心した源十郎に若狭が言います。「男にとっては一夜の過ちでも、女にとっては違うのだ」。迫力ありました、このセリフ!
子供(源市)を背負った宮木が野武士に襲われるシーンも見応え充分。
いつ刺されたか分からないぐらいの槍の一刺し。野武士は子供をおぶっている背までは届かないようにいちおう慮っています。
(野武士) おい、食らうものをくれ。のう。
(宮木) 無理です、そんな。
(野武士) おお、おお、あった。あった。
(宮木) これは、これは子どもの食べ物でございます。どうぞ、許してください。
(野武士) どけ。のけ。殿、殿ありました。
宮木がよろよろと倒れ込む向こう側に、彼女を刺した野武士たちが取り上げた食料を食っていました。同じカットの中で生と死を同時に見せるのはさすがです。
阿浜がレイプされるシーンは泥田に草履を残したまま。それで充分伝わります、現代のようにこと細かく撮るのは悪趣味と云うもの。
阿浜と藤兵衛夫婦が村へ戻り畑を耕す生活を再開することで希望も描かれていました。ラストで子供が母・宮木に手を合わせているシーンにも救いがありました。

撮影は『鍵』を撮影した宮川一夫です。ちょうど新聞で読んだばかりだったのでタイムリーでした。





スポンサーサイト
2015.11.27 14:59|


2006年の映画である。児童文学作家であり画家でもあったビアトリックスの伝記映画。映画ではビアトリクスの人生と、ピーター・ラビットといった彼女の本のキャラクターのアニメが同時に登場する。

一昨日に再見しました。再見が苦手な私にとって稀有なことです。
初見時に亡くなった婚約者ノーマンの姉・ミリーに心惹かれたのを思い出しました。
ミリーはエミリー・ワトソンが演じてます。いずれは義姉となるはずだったミリーとの3人との関係性が素敵でした。母親も「こんな素晴らしい絵を描く女性にぜひ会いたい」と息子・ノーマンに頼んで招待します。
一方、ビアトリクスの母親は娘が絵本作家であることも良しとせず、ノーマンを「身分が違いすぎる」「商売人はほこりを持ち込む」などと結婚相手に相応しくないとして旧泰然とした考えの持ち主。
初見した折り図書館で母娘間を調べ、2人の間にかなりな確執があったと分かりそちらにもびっくりしたのも覚えています。
今回は細雪を観た直後でもあり、時代背景を追ってみました。
ポターが活躍した時代は1902年ごろ、細雪は第2次世界大戦(1937~1941年)前夜のあたり。
ポターの方が約35年ぐらい遡るのに、良家の娘たちの異なった生き方に唖然とします。日本では結婚するために見合いの席が何度も設けられるストーリー、片や英国ではナショナルトラスト運動まで発展する絵本作家。
まあ同時代にもさまざまな生き方をする女たちがいたのはさて置きあれこれ思いを巡らせる良い機会でした。
湖水地方とコッツウォルズは訪れたい場所なんだけどなぁ~(溜息)
2015.11.23 16:26|

1983年作


続けて市川崑監督の作品がオンエアーされ、前回のながら観を止めて真剣観しました。
やはり食わず嫌いは良くない。予想外にはまってしまいました。
没落してゆく豪商の四人姉妹は上から蒔岡鶴子(岸恵子)、幸子(佐久間良子)、雪子(吉永小百合)、妙子(古手川祐子)。零落したなりに可能な贅沢を楽しみながら、悩みを抱えて右往左往しながらもたくましくしたたかに生きる船場生まれ芦屋暮らしの姉妹。それぞれの個性を持った4姉妹の心の機微が見事に表現されていると思わせました。
鶴子と幸子の時々激しくなるバトルは切実でユーモラスもあり現実味を帯びていました。裕福な家柄でなくても姉妹間のもつれる感情の行き違いは似たようなものなのでしょう。
原作者の谷崎氏の観察眼の鋭さに舌を巻かずにおられません。
長女と次男の入り婿に伊丹十三と石坂浩二の立場から来る発言なども説得性がありさすがです。
でも、最後まで雪子のキャラは不可解でした。義理の兄を慕っているようでもあり、子供好き、極度に内気なようで非常に頑固、浮世離れしてそうで男に対するハードル理想は下げないしっかりもの。一筋縄ではいかないお姫様雪子を演じた吉永小百合さんの演技評価は高いけれど、残念ながら同調しかねます。
雪子の見合いが成立して、同居していた幸子の夫である貞之助がひとり寂しく「嫁に行くのか・・・」としみじみ酒を飲むシーンでも、いかに雪子がこ惑的な女性だったのかを描きたかったのでしょうが・・・。





2015.11.21 14:02|

1959年
監督 市川崑
原作 谷崎潤一郎
撮影 宮川一夫

先日、テレビで、太平洋戦争中に谷崎氏が「細雪」に取り組み軍部による発行差し止めに遭いつつも執筆を続け、戦後全編を発表したエピソードが紹介されていました。それで谷崎氏に対する嫌悪感が少し和らぎ彼の作品に触れてみようかという気になっていたところ、グッドタイミングで本作がオンエアーされました。
ラストは原作と違い市川監督の原案によるものらしい。
”ながら観”していたのはちょっともったいなかったかもしれない(笑)

京まちこの官能美、剣持を演じた中村鴈治郎のエロぶりはなかなかでした。この2人の夫婦の子供である敏子、さらに婚約者でインターンの木村(仲代達矢)との4人の人間関係の心理戦ー。虎視眈々とした3人を浄化するかのように毒殺したお手伝いのハナ(北林谷栄)。事後、はなは自首しますが、刑事たちは老人ボケと思い込んで彼女の自白に取り合わない。この落ちは、以前紹介した1956年作イギリス映画「The Lady Killers」の影響を受けているように見えます。
北林さんのお手伝い役はこの頃からすでに堂に入っていたのですね。何と48歳なんですって。
脚本に和田夏十の名前も連ねてありました!




続きを読む >>

2015.11.18 10:13|



ロンドンのアメリカ大使館に着任したケイト(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、テロリストのアメリカへの入国を事前に食い止める任務を受ける。ある日、彼女は不審な人物の入国を察知するが、そのことが原因でテロリストの時計屋(ピアース・ブロスナン)に狙われる。その後、ケイトは爆弾テロの巻き添えを食った上に、テロの実行犯に仕立て上げられ…

数ある上映中の作から本作は、夫と2人で観るために譲歩した末に選びました。ミラ・ジョヴォヴィッチがだいぶお姉さんになったけれどぴったしで久しぶりに彼女のアクションを堪能しました。。
冒頭で捕えられた軍人2人が首から提げているIDタグで情報を読み取られ、使えないと判断された兵士は迷わず殺戮され、使えると言われた兵士はパソコンから打ち出された彼の家族は揺すられます。
妙にリアリティがありました。
ラストでテロップにアメリカは9・11を忘れていないとあるけれど、この映画を作った時点ではそうだったかもしれない。でも先日アメリカに対してもテロの予告がありました。
フランスで、またロシア旅客機墜落も爆弾によるテロだったと断定されテロ事件が続発している昨今。
テロの原因が政治的というより私怨と金儲けという設定は、現代だったら荒唐無稽とは思えず、むしろあり得ると思える映画でした。
嫌な世の中!



09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。