2017.02.24 11:26|映画

        

THE DANISH GIRL 

イギリス アメリカ ドイツ       

監督 トム・フーパー

1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼される。その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩むことに。当初はそんな夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深め……。


「アイナー、今の時代に生まれていたらこれほど苦しむことはなかったのに!」と、そんな感想を持つのは甘いのだろうか。性別に女、男だけでなく、どちらにも属さない性があると言ったのは誰だったっけ?ほう、時代も進んだと驚いたのは1月のあるテレビ番組を視聴していた時だった。多種多様な生き方が認められる時代になったとはいえ、オネエ系キャラがマスコミ受けする一方では、偏見で職業や結婚ができない一般的なトランスジェンダーの苦悩も新聞などで報じられている。

世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家アイナー。

その彼を支え続けた妻・ゲルダが素晴らしい。夫が、もしかすると自分は女なのかもと思い始め服や下着、お化粧にとどまらず、真の女性になるために性別適合手術まで受けようとするまで向き合い、また彼の決意を尊重して、雄々しく励まし続けた。いつしか夫婦愛を超越して究極の愛と友情の絆で結ばれる関係性に到達していた。

あれだけ婚姻したお互いを深く尊重し思いやれるものなのだろうか。

ゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが助演女優賞を受賞しているが、アイナー(リリー)を演じたエディ・レッドメインもさすがでした。

彼の涼しげで優しさに溢れた眼差しが忘れられません。


2017.02.13 17:18|映画

あん 映画


2015年河瀬直美監督

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

観るつもりは毛頭なかったけれども、たまたまオンエアーされていて録画してしまいました

ハンセン病に対する差別は本での知識やマスコミが大きく取り上げて解っていたつもりだったが、映像にされたことで、より患者さんらの苦悩が深く伝わり心揺さぶられた。やはり映画の持つ影響力は大きいと新たに感じずにはいられなかった。

本作の持つ独特な世界観は嫌いではない。桜の樹々を渡る風の音や餡に寄せる徳江の想い、千太郎の抱えた暗い過去など。しっとりと穏やかに語られ流れていく影像。豪華キャストを揃え巧い俳優さんらの中で、希林さんの孫にあたる内田伽羅さんも初々しい。”どら春”オーナーを演じている浅田美代子さんが、デビュー当時の「みよちゃん」からは想像もつかないほどベテランの域にのぼってきているのも嬉しい。

でもなぁ~、終盤になるに連れ、あなた方は観なくてはいけないのですよ、知るべきですよのmust感が押し出されて来るとたまらない。徳江の友人・佳子(市原悦子さん)が登場してきて一気呵成で進んだ。中盤ぐらいまでの匙加減で終わったら、もっと素直に観れたかもしれない。ラストがあまりに唐突過ぎて、千切れてしまい興醒めしてしまった。千太郎が吹っ切れて生きていくのを表わしたかったのだろうが、私的にはもっと繊細に描いて欲しかった。

この手の作品を創るのはとても難しいのだろう。




もう一つのブログ(晴山雨読ときどき映画)にハンセン病患者でもあった歌人・明石海人さんを紹介しています。良かったらこちらも読んで戴ければ幸いです。

たまたま出会った歌でした。

この浦の木槿花咲く母が門(と)を夢ならなくに訪はむ日もがな」

海辺にほど近い生家では今ごろ木槿の花が咲いているだろう。ああ、母さんの住む家を訪ねて夢でなくほんとうにあいたいものだ というような意味あいの歌です。会えない理由があるのだろうか、しかも男性が・・・。母親に会えないのは戦地に居るからなのか、しかしそれも違う気がする


http://blog.goo.ne.jp/33bamboo/e/4fac161df633cee938def95e4acdb1b9


2017.02.02 16:40|映画

パン ラビリンス

製作国 メキシコ/スペイン/アメリカ

2006年 監督: ギレルモ・デル・トロ


スペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリアは、昆虫に姿を変えた妖精に導かれ、謎めいた迷宮へと足を踏み入れる。すると迷宮の守護神パンが現われ、オフェリアこそが魔法の王国のプリンセスに違いないと告げる。彼女は王国に帰るための3つの試練を受けることになり……。


前作がぶっ飛んでいたので、今回はバランスを取ってダーク・ファンタジーとなったのか。タイトルの『パンズ・ラビリンス』とは牧神(パン)のラビリンス(迷宮)という意味あいだ。

スペイン内戦の深刻さと幻想の国のファンタジー性の両者を同時に描いてあり、戦時下とおとぎ話の組み合わせってあまりに隔たっているのではとの思いも確かにあった。でも、苦しい時ほど、厳しい現実から逃避したい気持ちは強くなる。童話が大好きで夢見ることが大好きな少女オフェリアが、パンに導かれるようにプリンセスとして魔法の王国に惹かれていき想像の世界を創り上げたとすれば納得がいく。そして、彼女は3つの試練をパスして地下王国にプリンセスとして迎えられる。ある意味、このラストは死を意味するのだがオフェリアの亡骸には笑みが浮かんでいる。これはある種のハッピーエンドなのか?いたいけな子供が戦争の犠牲になった現実には手放しで喜べない。オフェリアは戦争や理不尽な父から逃れ解放されたから微笑んだだけなのでは?どちらともいえない結末に割り切れなさが残った。

アカデミー賞で撮影賞、美術賞、メイクアップ賞の三部門を受賞しているのは文句なし!冒頭で現れる一匹の虫(たぶんナナフシ)、それが手足と羽がある「妖精」の姿に変化していくのだが、今まで描かれてきた夢溢れる妖精ではなくどこかグロテスク。病気にふせる母のベッドの下に置いたマンドレイクの根なども人形をしていて不気味。

たぶんグロテスクな妖精や牧神(パン)にしたのは、戦時下にあって、オフェリアは子供らしいファンタジーの世界を創り上げられなかったからだろう。痛ましい。

同監督は大好きな『ホビット』でも凄まじい悪魔的なゴブリンを描いている。


   平凡な奇跡を毎日繰り返しハッピーエンドのその先へゆく

                     (天野慶 「つぎの物語がはじまるまで」)






2017.01.27 12:00|映画

偉大なるしゅららぼん


2014年作

舞台は琵琶湖畔の町。代々“不思議な力”を伝承してきた日出家に、修行のため、分家から涼介(岡田)がやってきます。涼介は本家の跡取り、淡十郎(濱田)と高校に通うことになりますが、そこには1300年に渡るライバル・棗(なつめ)家の跡取りも居た。さらには、新たなる“力”を持った敵が彼らの前に突如として現れる。



sub_main_cast.jpg


テレビでオンエア~されていたのを録画していました。理由は原作である万城目(まきめ) 学さんの小説にノレないので映像の助けを借りたら何とかなるかもしれないと考えたから(万城目ワールドに浸りたいのに)。

2大勢力日の出家と棗(なつめ)家の戦いが、琵琶湖沿いの街を巻き込んであるという設定に、こだわりを感じずに入りこみ、面白いと感じれるのはアドベンチャーファンタジーが好きな証拠です。

彼の作品は、撮影する側にとってはテクニックを要するだろうが、映像化向けと思いました。

女性陣はパッとしなかったけれど、淡十郎役の濱田岳さんが異様な雰囲気で独特な味わいを漂わせていたのが良かったです。涼介(岡田将生)とのコンビも馬が合っていました。笹野高史さんも脇でありながら今回はスポットをあててもらえたような役回りでした。琵琶湖の湖面が割れて湖底を馬で駆け抜けるシーンはスクーリンで観たら迫力があっただろうね!

しゅららぼんの意味は観て確かめて下さい

                   

2017.01.27 11:32|映画

無題


原題 Astro Boy
製作年 2009年
製作国 香港 アメリカ


夢のような空中都市、メトロシティ。天才科学者テンマ博士は事故で命を落とした愛息、トビーの身代わりにと最新型ロボットを作る。姿はそっくりで記憶もトビーのまま。仲間のお茶の水博士が開発した<ブルーコア>という究極の未来型エネルギーをアトムの体内に搭載した。でも結局はロボット、息子の代わりにはならないとテンマ博士は彼を追い出してしまう・・・。
居場所を求めやってきた地上で、ロボットの出自を隠そうとするが自らを「アトム」と名乗った。新しい仲間もでき、父と別れた寂しさを抱えながらもたくましくなっていく。そんな頃、メトロシティのストーン大統領は<ブルーコア>の軍事利用を目論み、アトムの捜索を始める。捕らえられテンマ博士と再会するアトム。メトロシティと地上を巻き込んだ壮絶な戦いが始まる。


昨年の12月号『新潮』に手塚氏が描いていた未発表のイラスト29点が初公開され、手塚氏への興味が刺激された。イラストにはネズミのような耳を持つ人間の女性がベッドで体を捩らせるカットのほか、裸の女性がコイに変身するイラストなどエロスが喚起される作品が並ぶ。彼といえば、文部省推薦のような健全な作品がポピュラーだが、実は学生時代から大人向けと子供向けの両方を使い分けていた。メルモやリボンの騎士など、あの時代にはかなり衝撃的な物を描いているのだ

新年の新聞は私が読んだ3紙ともAIを取り上げた記事が圧倒的に多かった。

ロボット社会がもうそこまで来ているのだと感じずにはいられなかった。

以上が「アトム」を選んだ理由です。

アトムは妹が好きだったテレビ番組。私は仕方なく横で観ていたため、アトムと御茶の水博士が出ていた事や、ウランちゃんが歩く時にきゅっきゅっと床に響く音しか覚えていない。どんな敵と戦ったのか、詳しいストーリーはほとんど記憶に残っていない。

アトムってあんなに大人びていたっけ、もっと幼かったのではと自らの記憶を疑いつつ、結構引き込まれて観た。

観終わって検索したところ、やはり手塚治虫氏の原作『鉄腕アトム』よりも年齢を12、3歳に引き上げているようだ。

ロボットに対する差別などのエピソードの中に親子愛も深く描かれていた。最愛の息子を失ったテンマ博士の悲しみや過ち、アトムのロボットとしての切なさなどが含まれていて見応えがあった。親子間の葛藤や愛情を軸に、権力を握る悪との戦いもあり放棄されたロボットや子供たちとの間に芽生えた友情も本作を盛り立てている。


02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる