--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.29 06:07|
「終活ファッションショー」を読み、著者の異彩な経歴と描くテーマに興味を覚え、すばる新人賞を受賞したデビュー作を図書館に予約した。
デビュー作の本作も主人公のマキが市井の人々の中で誰かの「代役」を演ずるという設定だった。以前マキは小劇場などでチト名前の知られていた39歳の役者だったが、役者稼業に少々疲れ気味。そんな中、誰かの「代役」になるのが仕事という募集の張り紙を目にした。ワケあり葬儀での死体役、多忙なセレブ社長の子息の母親役、夫の親戚との付き合いを厭う花嫁並びに新妻役、多岐な役柄をこなすマキだった。依頼人たちの身勝手さに苛立ちながらも、プロとして淡々と仕事をこなしているある日、ニセの依頼をしてきた謎の男・モンゾウに出会う。そして無理やり弟子入りされて…。 

アイデアや構成は面白いのに、ねらってしているのだろうが言葉遣いが流れているのがもったいないような気がした。
印象に残ったのはクリスマスツリーのようにじゃらじゃらした装身具を見につけたモンゾウがもらした言葉。
「俺さあ、家族ってみんなが努力しないと家族になれないと思うんすよ」「元は半分他人の集まりだから、家族になる努力を止めてしまったらウチみたいにダメになる。そのためにクリスマスがあるんじゃないかと思うんだよね」。イベント事は絆を深めるチャンスじゃないかと云っているのだ。
私はどちらかといえば、家族を持つまでは、心のこもらないイベント事は無い方がましと反発してきた方だ。合理的な実家の方針がかなり影響している。しかし子供が生まれてからは、実家の教えを反面教師とし家族を最優先してきた。
ちゃらちゃらした若造のモンゾウが 云ったことに大きな意義があるように思える。
イベント事を軽んじるなかれ(ただし振り回されるのも危険!)。
 

 
先日ゴビンダ氏冤罪で釈放された東電OL殺人事件。佐野眞一氏がルポで追い続けた2000年に出版したノンフィクションを読んでいる最中です。彼女が何故高収入を得ていながら夜の街に立ち続けたのかを知りたくて・・・。 
スポンサーサイト
2012.07.26 12:32|
         

 
 
再見です。1977年作だからもう昔、昔の映画となりました。
健さん、武田鉄也、桃井かおりらの若いこと!彼女が着ているファッションは懐かしくて当時流行っていたなぁ~と感慨に耽りながら観てしまいました。大学祭の講堂で安いチケットを購入し、夫と2人で観た記憶が蘇ります。
再見だから黄色いハンカチがあがっていると分かっているのに、車で登っていくシーンはどきどきしました。ウインカーがカチカチと鳴り、走らせる車の音で外の人の話し声がかき消され、坂道を駆け上がるシーンのラスト5分は秀逸だと思います。
炭鉱のすさんだ灰色の中、路傍に咲く健気なたんぽぽの花の黄色がずっと撮られていたんですね。そうだったのか、なるほどね。
黄色いハンカチが上がる時、空は雲一つない真っ青な空でなければならないと2ヶ月青空を待ち続けた山田監督のエピソードも思い出しました。
 
携帯があるこの時代には決してできなかった映画です。
日本人らしからぬこの発想はやはり外国のもの。ピート・ミハルの 「黄色いリボン」に着想し、山田監督がロードムービーに仕立てたらしい。 
 
    
おかえりとたんぽぽ色したハンカチが8年(やつとせ)翔けて青空に咲く
2012.07.25 10:22|
演劇や音楽などライブ物を扱った映画や本は言わずもがな手が出てしまう。原田芳雄の遺作となった映画でもあるこの作品は歌舞伎だが、長野県・大鹿村に伝わる村歌舞伎とそこにかかわる人々の悲喜こもごもを描いたものだった。原田芳雄の村歌舞伎を撮りたいという猛烈な意気込みがあったと記者会見で聞いた記憶がある。観終えた後、彼の熱意が伝わる映画だった。

シカ料理専門店を営む善(原田芳雄)の前に、18年前に駆け落ちをして村を離れた妻・貴子(大楠道代)と幼なじみの治(岸部一徳) が現れる。貴子は認知症が進み記憶を失っていたのだが、善はそんな貴子を治ともども店に住まわせることにした。善が治に「18年前、俺は大切な人を2人失って実に困ったよ。いつもおまえに相談して聞いていてもらっていたんだものな~」はなかなか。この3人、恋敵なのにひょうきんで笑わせるのだ。貴子は病気が進み治を善と勘違いして、自分が駆け落ちしたことなど忘れてしまっているのだから。老境に入ったからか、3人の演技が掛け合い漫才のようなドタバタを演じ、シリアスな問題を可笑しくて楽しく見せてくれた。
私は、岸辺がタイガース時代からジュリーはさておきサリー(岸辺一徳)を好んだ。あの大人しそうな彼がこれほど変貌を遂げるとは、私の目に狂いはなかったようだ(笑)。大鹿歌舞伎の公演を目前に女形の一平(佐藤浩一)が土砂崩れに遭遇した。貴子は駆け落ちする18年前まで演じた役のセリフだけは記憶していたので、急遽代役として舞台を務めることとなった。

舞台上で善と向き合うときだけ昔の姿に戻る貴子。歌舞伎の中で、平家の落武者・景清を演じる善に対して、源氏に嫁いだ道柴として舞台に立った貴子が舞台の袖で「許してもらわなくてもいいから」と呟くシーンは現実生活とだぶっていると事情に通じている村人は興味津々で見守る。
「最初は悲劇、二度目は喜劇」というマルクスの箴言を呟きながら・・・。
都会からアルバイトに応募してきたワケありの青年・雷音を演じていた冨浦智嗣も良かった。性同一性障害の彼は瑛太にほのかな思いを寄せる。村役場に勤める松たかこも庶民を普通に演じていてさすがと思わせる。
エンドロールに流れてきた主題歌は忌野清志郎の「太陽の当たる場所」。
センスが光る選曲でした。いつかまた再見したい!
 
http://ohshika-movie.com/index.html←公式サイトはこちらです
 
2012.07.24 15:41|

 
普段気軽に使っている辞書が、ごく普通の人たちによって、ここまで時間と労力をかけられて編まれたのかと改めて驚きました。言葉への愛、モノづくりの喜び、そして仕事に情熱を注ぐ人々への敬意がたくさんつまった小説です。
 
     
 『舟を編む』を読みしのちやや電子辞書の液晶画面がくすんで見え来
2012.07.23 10:31|
私の大、大苦手なクライムサスペンス!
過去一度だけこの映画はトライし、冒頭で「ごめんなさい」と尻尾を巻いて退散した記憶があります。(
同監督の「激流」は楽しんで観れてる)。「ブログでロードショー」の課題映画となると頑張って観るしかないと、夫を誘って観始めました。
やはり途中までケヴィン・スペイシーとラッセル・クロウの見分けがつかず、後半、ケビンが死んでやっと余裕ができ筋を追えました。尻取りゲームのような紛らわしい名前のエド、バド、シド、バズ。ストーリについていく前にすでにこんがらがってしまいそう(笑)。
1950年代のL.A.が腐敗していたからといって、人が無造作に殺された場面や暴力シーンは目を覆いたくなります。
キム・ベイシンガーは果たして助演女優賞にふさわしかったのでしょうか?出演時間が3分で受賞した女優さんもいますが、それだけの存在感があったかは多少疑問が残りました。“白ユリの館”という秘密売春組織で働くリン。ぞくぞくっとする妖艶さの奥に底知れないミステリアスな雰囲気は確かにありました。エドが欲情させられたのも分かるほどのルージュを濃く描く妖しげな女でした。もしかするとそれなのか!?
一回きりの鑑賞ではタブロイド誌の記者シド、刑事ドラマ『名誉のバッジ』のテクニカルアドバイザーとなっているジャックとの絡みなど入り乱れて細かい部分まで理解できなくて不消化気味。人物や事件がもっと整理されれば分かりやすくなったのかもしれませんが、再見して確かめる気にもならないのです。
3人の中で印象に残ったのは、野心家で出世のためには手段を選ばないエド警部補でした(ガイ・ピアース)。彼が警部になるための3課題だった”起訴を確実にするために、証拠を捏造できるか”“自白を取るために容疑者を殴れるか”“更生の望みのない犯罪者を背後から撃ち殺せるか” という3つの条件を最終的に満たしたのが皮肉にも面白かったです。バドと組み事件を解決に導き押しも押されぬ警部となった彼。エドにそのまま思う存分突っ走ってみさせるのもよいではないか。「お手並み拝見、エド君」という感じかな。
バドは退職してリンと一緒になるのを薦めます。母親のことがトラウマになり女性をかばうといいながら、激情にかられると自らも暴力を振るっている。女々しい警官ほど怖いものはないと思いました。
3人の警官の中で共感が持てる人物が出てこなかったのは残念です。
 
警官の復讐物でいえば親子3代に渡る佐々木譲著『警官の血』がずっと素晴らしい。ラストのくだりはエドにも相通ずるところもあるが、主人公に寄り添え拍手を贈りたくなります。お勧め!
 
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。