2013.02.28 18:03|

 
監督 細田守  製作2012年
 
細田守監督の「時をかける少女」「サマーウォーズ」で描かれるキャラクターたちには好感を抱いてきたが、今回は今までとは違うだろうと予想はしていました。やっぱり心残りに見終えることになってしまいました。
公式サイトで細田守監督がこの映画を撮るにあたっての動機です。「自分の身近で子供が出来た夫婦が増えてきたときに、親になった彼ら、特に母親がやたらカッコよく、輝いて見えて子育ての話を映画に出来ないかなと思ったんです。自分が体験してみたい憧れを映画にしたという感じです」。それが全編を通して勝ちすぎていたように見受けられました。子育ての経験不足から来るストーリーやエピソードが大雑把で甘く、最後まで感情移入することが難しかったと言わざるをえません。「家族は恋人」というコマーシャルフレーズを聞いた時と同じ違和感でした。
花は本当に子ども思いの、(男からみた)理想的な母親でありすぎて、あまりに母親を偶像化してしまっているようで、でき損ないの母親である私には、最後まで眩しい存在でした。

異類婚姻譚は幼い頃読んだ民話やお伽噺に登場してたので、『おおかみ男』や『おおかみ子供』の設定をさほど珍しくもなく受け入れられました。
でも、今回は現代が舞台のストーリーだったので、子供の父親の『おおかみ男』や『おおかみ子供』って、たぶん今の世の中にとけ込めない生き辛い人たちの隠喩だろうと考えてもみました。だから、『おおかみ子供』の雪と雨が人間として生きるか狼として生きるかという問題は、単に狼か人間をチョイスするのではなく、自分の人生をどう生きていくのかという問いを投げかけているのだろうとも。人には狼のように醜くて残忍で飼いならすことができない闇を誰もが持っていますから。
もしメタファーだったら、おおかみ男を不可解な事故死で早世させなくても良かったはずです。生き難いおおかみ人間家族4人が力強く生きていくストーリー展開でしっくりいったはずでした。余計な男親をさっさと消して、一人で子育てできる立派な母親像・花を作りたかったのでしょうか。
 
狼であると告白し、またそれを打明けられた側は驚愕したはずです。映画では2回ありました。受け入れたのは花と草平。どちらのシーンも感動的でしたが、草平が「雪が狼でもあるという秘密を守る」と、雪に語りかけたのは納得がいきました。カーテンが風をはらみ影で狼の影を落とすという描写は素敵な演出で、一番印象に残っています。
しかし、大学生にもなった花が、狼の血を受け継いでいると告げられて、葛藤もなく人生を歩むことを受け入れるのには、驚いてしまいました。ただ、父親からの「困難にぶつかっても笑みをたやさないように」という教えを守っての理由は、無茶すぎます。短い出会いの説明で、花がおおかみ男と出会い、大学を辞めてまで出産に踏み切ったのは納得いきません。求め合う気持ちを丁寧に撮り、観客にもっと共感を求めるべきだったのでは?2人の生活は閉鎖的な束の間の幸せー、いつかは壊れてしまうのが予想できました。
男と女が出会い、子をなし、その子達が自立する壮大な13年間という長い時間を、わずか2時間のアニメ映画で描けるはずがありません。1作、2作と連作にしていたら、濃い映画になったかもしれません。部分的には映像も美しくはっとさせるシーンなどが盛り込まれているだけに口惜しく思えました。さまざまな事件やエピソードが盛りだくさんで早い展開、結果、人物描写が中途半端になり物足りなさが残ります。
子育てが生易しいものではないと知っている年代の私には、ハードルが高かったです。もっと、老齢になれば受け止められるのかもしれません。
細田監督には、彼ならではの描ける世界を美しい映像で撮ってもらうことを、まだまだ期待している私です。先に映画館で鑑賞した細田監督ファンの息子も同じ気持ちのようでした。
 
追記  
花が「子育てはおとぎ話のようなもので・・・」とつぶやくセリフがありました。私も、勿論、色んな楽しい発見や楽しい思い出を子供たちからたくさんもらっています。しかし、巣立った息子たちが帰省してたまに会う時、あの子を本当に産み育てのかしらと思えても、子育ての頃をおとぎ話とは振り返れません。
 

生(あ)れし子の魂(たま)と向き合いぶつかりて己(おの)も試さる子育ての日

 
2013.02.26 16:23|

製作年/国
1950年/米

監督
 

 
たまたま今日オンエア~で観た『ハーヴェイ』。ハートフル・コメディのジャンルに分けられていますが、ファンタジー作品と観てもいいんじゃないだろうかと思い、ブログdeロードショーに名乗りを上げました。
 
名門ダウド家の42歳にもなるエルウッドは、ハーヴェイという身長6フィートの白ウサギを親友だと思い込んでいます。他の人には見えないこの親友を会う人ごとに紹介したがる彼に、同居している姉ヴィタや彼女の娘マートルは大迷惑で、彼を精神病院に入院させる決意をします。
ハーヴェイが現実に対して心を閉ざしてしまったエルウッドの幻想ではなく、ケルト神話に出て来る不思議な妖精pookaであるという説明が粋でした。だから時々姉ヴィタや後半になって院長にも見え、院長はハーヴェイを預かりたいと申し出たのでしょう。
この世ではとても賢く生きるか、とても好かれて生きるかのどちらかよ』と、祖母or母に言われて「好かれて生きる方を選んだ」と応えたハーヴェイの話は、年を経て私の心に響きます。亡き父が、酒を飲むと決まって「成果を収めなくてもいいから良い人になりなさい」と云っていたのを思い出しました。中学生の頃の私は聞く耳を持たず、今に至っています。
さて、エルウッドは姉に注射を受ければ治ると泣いてほだされ、注射を打つことになりました。
ところが、タクシーの運転手が「この世知辛い世の中でいらいらして正気で生きるよりも、ハーヴェイのような妖精が見えて友達である弟の方がずっと人に優しく、周囲も豊かな気持ちで人生を送れる。注射の後では180度変わったような口うるさい人間になるのだ」と、分かったような話をするのです。
いったいどちらが弟にとって幸せなのだろうか。彼は出会った人と共に酒を飲み交わし話に耳を傾け、時には家に招待するだけで大したトラブルはありません。しかもお金には困らない裕福な家柄。姉が弟を思い遣る気持ちが伝わってきます。弟を普通の人に戻すことが果たして幸せに通じるのだろうか・・・。
姉はどんな決断をするのだろうかとはらはらさせられました。
エルウッドに注射して彼を治癒させる結末が待っているのか。
その問題がクリアーされ、ハーヴェイを見えるようになった院長からハーヴェイを預かりたいと相談を持ちかけられます。エルウッドはハーヴェイと別れることになるのか。
結末が良いです。ラストまでファンタジーを貫いてくれたストーリーにほっこりさせてもらえました。
1950年代の作品にしてやられました!ブログdeロードショーでも取り上げられた、同ジェームズ・スチュワートが主演した「素晴らしき哉、人生」を観たい気がしてきています。
2013.02.21 15:05|

いつも後になるので今回はがんばって早めに観たのに・・・。観たというご報告だけにして詳しいレビューは後からにしまぁ~す。
2013.02.14 16:41|
監督:今井正
原作:水木洋子
1962年作
 

 
 とても50年前の映画には思えない!
今見ても十分楽しめ、考えさせられる映画でした。「喜劇」とはいいつつも、老人問題をからりとそれでいてシニカルに描いてありました。老人ホームを抜け出したくみ(北林谷栄)と、家出をしてきたサト(ミヤコ蝶々)の二人の老婆が、浅草で出会い意気投合し、一日を過ごします。焼き鳥屋でビールを飲み、化粧品のセールスマンをひやかしたりしながら、死に場所を求めて隅田川や都電をさまよいます。最後はサトが「国に面倒見てもらう」で幕を閉じますが、さて50年後の現実(いま)はそれより悲惨かもしれませんね。
撮影当時、北林さんは50歳、蝶々さんは41歳だったのが信じられないほど老婆を演じきっています。顔だけでなく逃げる後姿の腰が引きよろよろの足取りが巧いのです。ちょっとだけでしたが、木村功の化粧品セールスマンの演技も見事でした。
焼き鳥屋の従業員(十朱幸代が19歳)らとの交流もほのぼのとして好き。
今まで敬遠してきた旧い作品 「三等重役」「社長三代記」「喜劇 女は度胸」らも観ましたが、意外と面白く観ている自分にびっくりもしています。
ノスタルジックな昭和の雰囲気に浸っているこの頃です。


01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる