2013.05.30 15:54|

飢饉による不景気で貧窮生活を余儀なくされていた天保末期の江戸。とある貧乏長屋で5人の子供を育てる気丈夫な母おかつ。だがおかつの家では一家総出で働いてかなりの金を貯め込んでるという噂があった。ある夜、その噂を聞きつけた若い男・勇吉が泥棒に入るが、勇吉と出くわしたおかつは怯えることもなく、彼に金を貯めている理由を語った。それは長男の友人である源さんが、盗みの罪を償って牢から出てきた時のための支度金だったのだ。おかつの姿に我が身を恥じる勇吉だが、おかつはそんな勇吉を家に招き入れるのだった……。
 
岸恵子は最近「わりなき恋」(未読)を上梓し、女優だけでなく小説家としても片鱗を示し、持ってる人は持ってるんだと感心させられていた。原作が好きな山本周五郎で脚本も和田夏十だ(竹山洋氏と連名)!2年前に「市川崑物語」を観た以来、市川崑と和田夏十のコンビで撮られた映画を是非観たいと願っていた。(もう一つのブログに感想を書いています。良かったらどうぞ→http://blog.goo.ne.jp/33bamboo/e/b7e15e38bde653601f6f2743518629d6
やっと夢が叶いました!
時代物なのにOPとエンドロールに流れる現代的な音楽が織り成す不思議な世界観にたっぷりと浸った時間でした。
 

源さんの仕度金を家族で稼ぐという話は始まりにすぎず、江戸っ子人情をからませた気持ちの良い展開が待っていた。
ラスト近くおかつが勇吉を親身になって世話をした理由が、子供たちによって明かされる。「実はかあちゃんは耳に黒子(ほくろ)がある男に弱いのだ。亡き父ちゃんがそうだったから・・・」。真実はどうであれ、このエピソードが効いていた。おかつが誰にでも親切というのは当たり前だが、惚れた男と同じ場所に黒子があったからというのは、出来すぎた話を人間味のある話に膨らませ好感を持てる。それを聞き勇吉はおかつにやっと心を開き「かあちゃん」と呼んだ。
私と妹、次男の左頬にも父から譲り受けた大きな黒子がある。(蝿が留まっていると間違えられ、叩かれれそうになることも・・・)。父の3回忌で、父方の親戚の伯父や伯母の頬にもあるのを気付き驚いた経験があるのでいっそう親しみを持ったのかもしれない。
勇吉が真実を告げた時、おさんが勇吉をかばっていうセリフも良かった。「2、3日前に知った勇吉さんより、昔からずっと一緒に住んでいるかあちゃんの話の方を私は信じる」と、とりあわなかった。
こういったセリフ回しにぐっと心を掴まれる。
好きだなぁ、こんなストーリー!原作を読むつもりです。
小沢正一はさすがの名演技(拍手)!
 
2013.05.28 22:23|
宵乃さん、マミイさん、きみやすさん留守中にコメントをありがとうございました!
羽田で、搭乗手続きの時から、長崎上空が天候不良のため着陸できない場合また羽田へ引き返すかもしれないと云われた便で帰宅。だって例年より9日も早い梅雨入りです。スコールのような雨の中上空の厚い雲を突き破るようにして滑走路に降りたちました。
やっと先ほど無事に家へ到着しほっとしています。
ということで、明日、またゆっくりお返事しますね。

2013.05.24 14:47|
 

 
 
16歳の女子高生のジュノ(エレン・ペイジ)は、気取らないところが魅力的なクラスメイト・ポーリーと興味本位で一度だけ関係を持ち、予定外の妊娠をしてしまう。ジュノは生まれてくる赤ちゃんに完璧な両親を見つけようと思い立ち、親友のリーと養子を望む裕福な夫婦、マークとヴァネッサを見つける。9か月間を通して、体形の変化とともに様々な感情に揺さぶられながら、大人になるための問題に真正面からぶつかっていくジュノ。
彼女が最後に下す選択とは…? 
 
忙しい忙しいと言いながら苦手な荷造りの息抜きをと今日も観ちゃいました!
 
だいぶ前に録画していて消さずに残していたのは奇跡的!エレン・ペイジ演じるジュ
ノは小粒ながら良作だと思いました。観る前は、ハイティーンの娘の妊娠を周囲が盛り立てて育児するようなかったるい筋書きなんだろうと勝手に想像して暇つぶしに見始めたのです。(邦画の悪い影響)
ところが違った!早熟で大人顔負けのジュノは分からない部分もあったけれど魅力的な女の子でした。ヴァネッサの夫・マークとの丁々発止の会話など大人顔負け。ジュノの存在で、ヴァネッサ夫婦の危うい夫婦関係が浮き彫りになっていくのが心憎い。ヴァネッサの母親になりたい症候群は私にはとても理解できない・・・。途中で、ジュノはマークとなんてなっちゃうのかと心配したけど杞憂、ポーリーとまたやり直すことを選んだ結末にほっとしました。
多人種社会だからでしょうか、アメリカの懐の大きさを見せつけられます。里親になるにしても日本だったらあれこれ迷うのに、素性のはっきりしない子供の親になる里親を受け入れるカップルらの多さに驚きます。
 

寛大な父親も素晴らしかったけれど・・・。
病院でジュノを侮辱した検査師に啖呵を切ったステップマザーのかっこ良かったこと。こんな強さは見倣いたいと切に切に願う私。画像はそのシーンで右端の女性が継母なのだが、検査師を非難するような3人の鋭い眼差しが素晴らしいよ。
 その後ジュノがどんなふうに成長していくか興味あります。ポーリーとはうまくやっていけるかな???
     
        
 イラストは宵乃さんが描いています。もらっちゃいました!
 
2013.05.22 18:39|
 
 
 
次男が結婚することになり(兄貴は未だです)、お相手のご両親へ挨拶がてら週末に上京の予定なので落ち着かないせわしい日々を送っています。彼女のお父様も若い頃山岳部に所属されていたとかで、私たちがその後丹沢へ向かうのを知り、山の格好で気楽にお出で下さいとおっしゃってもらっていますが、さて何を着て行けば良いのか迷った末に結局通常のスタイルでお会いすることに決めました。
息子からは、だからといってこてこての山スタイルでは来ないようにと念押しされる始末。特に親父の格好にはチェックを入れてと頼まれました。
分かっているよそれぐらいは(笑)
信用ないんだな、私たちは・・・。

そんな折、ブエノ・ビスタ・ソシアル・クラブを途中で断念した翌日、音楽遊覧飛行というラジオ番組を聞きながら夕食を作っていて、偶然オマーラの「ラ・シティエラ」がかかりました。
心に響きましたね・・・。私には音楽だけで味わった方がストレートに沁み入りました。映像やバックがあると観念的になり邪魔されました。音楽はメロディーと歌詞で充分伝えられなければならないと思っています。伝わった分のみが観客に共感を呼べればそれで良いのではないかと。私には、余計なものは説明しすぎているようで言い訳がましく聞えてしまいます。ブエノ・ビスタ・ソシアル・クラブが話題になった頃に興味は持ったのですが、内容を知りレンタルしなかったのは同様な理由からでした。
でも映像があって分かったこと。
窓が壊れドアが剥げているキューバの貧しい街並みに、人々が幸せそうに音楽を口ずさみながら寄り添っている暮らし向きは、日本では想像できない光景です。ラテン気質は羨ましくも感じられます。清潔すぎる日本とではかなり隔たりがありますね~。
ポルトガルのファドに似たような哀愁を感じられる曲目もあって浸りました。
音楽に造詣の深い鉦鼓亭さんならではお題目だと思います。

耳に快く響く音楽であれば満足できる私なので、このような感想になったのでしょう(笑)。うろ覚えのキューバの歴史も振り返られて良かったです。ありがとうございました。
できたら、カストロも好んだモヒートを飲みながら聴きたいなぁ。モヒートはグラスにラムと、レモンジュース、砂糖と茎のついたミントの葉、それに氷を多めに入れすりこぎで氷を砕いた後にソーダ水を入れたもの。
 
 
 
 
 
2013.05.15 16:47|


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」は最寄の3件のレンタルショップに置いてなく、いつか街の方へ出た折にでも借りるつもりです。来週の火曜日に出かける用があるのでその時にでも・・・。
ドラマ「11人もいる!」を、山仲間に紹介してもらい現在観ています。「クドカン」の脚本で展開がリズミカル。でも、続けて観るのはもったいなくもあり、アキもきそうなので週に2話ずつぐらいが適当かもしれません。
 
「11人もいる!」は宮藤官九郎が脚本を手掛けたテレビドラマ。仕事のない父と家庭的で貞淑な妻、8人の個性豊かな子供たちによる計10人の貧乏一家に、末っ子のみ見ることができる謎の11人目(亡くなった前妻・広末涼子の幽霊)が加わり、奇想天外な家族劇を展開している。
 
田辺誠一扮する父親の実の弟を星野源が演じていて脱力キャラを「見っけ!」という新たな発見がありました。
 

 
 
 
 
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる