--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.30 16:28|

2010年 フランス製作
 
タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説を、クリスティン・スコット・トーマス主演で映画化。1942年のフランス、パリ。ユダヤ人の迫害が過激化するある日、幼い弟を納戸に隠したサラは、納戸の鍵を手にしたまま収容所へ送られてしまう。そして現代。アメリカ人ジャーナリストのジュリアは、ユダヤ人迫害事件を取材するうちに、あるユダヤ人家族の悲劇を知り……。
 
入院する一ヵ月前に観た映画です。ナチ政権によるユダヤ人迫害を描いた映画からはしばらく遠ざかっていました。このレビューだけは残さなくてはと思えるほど印象深い映画でした。
ユダヤ人大虐殺を語る時、オーウェル著の「動物農場」を思わずにいられません。動物たちが農場主を追い出して理想的な共和国を築こうとする時に、豚が演説します。「2つ足の動物は悪で4本足の動物は善」のようなこと。物事を単純化して差別へ導く怖さはこの上も無い!最終的には指導者の(4つ足である)豚は独裁者と化し、恐怖政治へと変貌していくのです。
この映画は、現代に生きるジュリアと当時戦禍を受けたサラが交互に描かれています。何といってもサラ役
の少女時代を演じたメリュジーヌ・マヤンスの演技に圧倒されました。見ごたえのある映画でした。サラが、彼女をかくまい育ててくれた養父母の元を離れ、アメリカへ渡り家庭を築きながらも自ら人生を閉じなければならなかった、彼女自身のストーリーだけでも、充分伝わったのではないかとも思ったが・・・。サラを取り巻く勇気ある養父母などの人々の思いも、物言わずとも胸にしみいって来る。
ジュリアがサラの軌跡を追うミステリー仕立てにしたのも、更にラストの展開で頷けるのも本当。
風化させてはいけないメッセージは重くのしかかるが、良い映画に出会えて良かった。観て後悔はしない映画です。
せめて知るべきなのだ、平和を当たり前のように享受している私たちは・・・。
 
 
スポンサーサイト
2013.06.28 15:17|

 
(私に転院する勇気を与えたのは最近観た「JUNO」のこの場面)
 
昨週、金曜日に自主退院いたしました
腱が切れた右足はまだ着くことができないので、松葉杖ならずジュラルミン制まがいの松葉杖(病院でもそう呼んでいます)をついて部屋を行き来している毎日です。暮らすのに大変ですが、カタツムリ君にみならう超スロー生活を楽しめるゆとりも、やっとでてきました。、料理したり、洗濯物をたたんだり、手紙を書いたり、筋トレリハビリ、音楽 毎日があっという間に過ぎています。元々好きなことだから苦ではありません。
圧倒的に時間が足りない!
次々に色んな感情が押寄せてきます。
 
ムービーや読書のような受動するものでなく、短歌を詠んだり文章を書いたりする能動的な方に自然と傾いている最近。
 
たまにしかこちらには映画評は書けないのですが(今までもそうでした・・・)、時々のぞいて下さいね。
 
本家本元のhttp://blog.goo.ne.jp/33bamboo/は、もうちょっと高い頻度で更新できるかもしれません。
 
勿論、ブログDEロードショーには参加します!
この企画に偶然に出会えたことがとっても嬉しいです。
ブログDEロードショーが素敵な仲間たちと共にいつまでも続きますように!
 
宵乃さん、先週ヤフーに返信したけど読んでもらえたか不安です。
私の「ありがとう」の気持ちをそのまま書きました。
 
 
2013.06.16 16:18|
留守中、お見舞いメールをありがとうございます!入院先がパソコン持ち込み禁止でDVDすら見れないのが悔しい・・・。
ブログはhttp://blog.goo.ne.jp/33bamboo/ 晴山雨読ときどき映画の方に携帯から更新しています。
2013.06.08 17:41|
5日前に台所の床にある床下収納庫の留め金がハズレ、足を踏外す感じで右足から落ちてしまい、足裏をざっくり切ってしまい入院しています。留め金の金属がその中にしまっていた硬質厚手ガラス製麦茶ポットを割ったのでしょうね。瞬間的だったので覚えていません。何と足の裏の3分の1ぐらいがぱっくりと割れ血が吹き出ていたのです。かなりの深さと溢れ出る血は殺人現場のようで気が遠くなりそうでしたが、タオルで縛り、電話して隣のご主人に車を出してもらい、その後は病院から救急車で搬送。近くの外科では手に負えない大怪我で大学病院に任されました。オペを受けたのは担ぎ込まれた朝9時から8時間半後。腰椎麻酔で切れた4指の腱をつなぐ2時間の手術に私も驚きました。
指を失ったクライマーの山野井夫妻を知ってますから登れるのは確信していましたが・・・。
今日からリハビリがやっとスタート。難なく松葉杖を使いこなせたのは山のおかげです。
今年中は山は無理かもと覚悟していましたが、夏山を我慢すれば秋の紅葉には間に合うかもしれません。
無理を通して外泊許可をもらい、明日また午前中に戻ります。リハビリなど当分はまだ入院生活が続きます(悲)。
今回であれやこれや5回目の入院で、身体にまたメスが入りました。足の裏までとなるとハクがつきます。息子たちには「母が厄を全部引き受けて家族から災難を守る」と言った以上、がんばらないといけません。

平常のアクシデントでも病院で手当を受けるとなると長時間後だったから、山で遭難した場合を考えるとぞっとします。
今では自分の力を過信せずに用心して登りなさいの警告だろうと受け止めています。本当にこれぐらいですんで良かった・・・。皆さまもくれぐれもお気をつけて下さいね!

今頃山にはヤマアジサイが咲いているだろうなぁ~。それまで待ってて、来年逢おうよ
2013.06.02 12:53|

 
スコットランドを舞台に、恋人や家族からも見放されていた青年が、信じられる仲間を得たことで前向きになっていく姿を、笑いや涙を交えて描く。ケンカの絶えない人生を送るロビーは、恋人レオニーや生まれてくる赤ちゃんのために人生を立て直そうとするが、なかなかまともな職に就けず、またもトラブルを起こしてしまう。服役の代わりに社会奉仕活動を命じられ、そこで3人の仲間と出会ったロビーは、奉仕活動指導者でウイスキー愛好家のハリーからスコッチウイスキーの奥深さを教わり、テイスティングの才能が開花。仲間とともに1樽100万ポンド以上する高級ウイスキーに人生の大逆転をかける
 
雨の日の映画館は久しぶり。新聞の映画評で知った「天使の分け前」というタイトルが気に入った。(天使の分け前)とはウイスキーなどを樽熟成していくうちに、毎年2%ほど蒸発して失われていく分を呼ぶらしい。ANGELとSHAREするなんて、何とも美しい言い回しだろう!結局このタイトルが、鍵を握っていたと思う。
スコットランドでは軽犯罪を犯した人に社会奉仕活動○○○時間という罰則があるのも驚きだった。ロビーの置かれている状況は想像を超えた劣悪さ。想像できないからといって、底辺層に喘ぐロビーを裁定してしまうと、この映画の醍醐味は伝わってこない。単なる更正物語ではなく、天使からのプレゼントをちゃっかり戴き、自分のこれからを切り開いていくロビーに爽やかさを見る。金だけでなく、眠っていた利き酒の才能を生かした仕事まで勝取ったロビーの前向きな勝負だったのでは?
更正していくためには、周囲に理解し支えていく指導員ハリーのような存在は必要不可欠だ。ロビーに子供が生まれてお祝いのウイスキーを(安物)2人で傾けるシーンに涙が出そうになった私。
たぶん、ウイスキー樽に法外な高値を付けて飲み暮らす層への風刺も含まれているのだろう。
新潟産の酒を買って帰り、食卓で芳醇な香りを味わいながら、若者ロビー(適役だったポール・ブラニガン)に乾杯しました。
 
         
エンジェルとシェアする酒の琥珀色香りて君の未来醸さむ
 
ケン・ローチ監督の「麦の穂をゆらす風」には納得いかなかったのですが、今回の作品はシェアーできて本当に良かったです。
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。