--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.19 17:14|
 

2007年/米

監督 ガボア・クスポ
学校でいじめられっ子のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)。ある日、彼のクラスに風変わりな転校生・レスリー(アナソフィア・ロブ)がやってくる。出会ってすぐに親友になった2人は、森の中に“テラビシア”という空想の2人だけの秘密の国を創り上げる。現実の世界では集団生活にうまく溶け込めない2人だったが、テラビシアでは王と女王となって国を取り仕切ることができるのだ。初めて心を許せる友達に出会った2人。しかしそんな楽しい日々は長くは続かなかった…。

きっとジェスは今頃有名な画家かイラストレーターになっているにちがいない。
意外な展開を迎え涙を伴うラストとなった悲しいファンタジー作品だった。VFXによる森を舞台とするファンタジーワールドは、彼らと年齢はかけ離れても、私自身も似たような感覚で山に登っているので充分楽しませてもらった。大好きな「ナルニア国」を髣髴とさせ、同じく紫の花が好きな妹もおしゃまで愛くるしく忘れられない。
今回はファンタジーを観るということで本作を録画したのは、原作者がキャサリン・パターソンと知ったからだ。あれほど好きな作家だったのにすっかり忘れてしまっていた・・・彼女は子供向けだけでなく大人にも充分読ませるヤングアダルト作品を編み出し、これまで年端もいかない主人公たちに、幾度勇気をもらい励まされてきたことか。生計を立てていかねばならない父親の言動に現実を描く一方で、ジェフをかき抱き息子を思うシーンも良かった。ジェフをとり囲む両親や家族、教師たちは暖炉のようにあったかかったね。
寒空に塞ぎこんでいた今日、久しぶりに昔なじみの少年少女たちに出会えたような気がします。 
 
レスリーへの追悼 
宵乃さんの描いたレスリーは眉が凛々しくて彼女が巧く表現されていると思いました。

 
思いがけないレスリーの事故に涙ぽろぽろで、悲しみを封印するために、彼女のことには敢えて触れませんでした。でも宵乃さんが描いたイラストを見て悲しみが和らぎました。
原作者のパターソンは、児童文学に、現実をベールで覆わず容赦なく死や悲しみを突きつけていく作家なのです。ここまでやるかと抗う気持ちもないことはないのですが、世の中は理不尽を避けて通ることはあり得ないのですものね。
ジェスは長く自分が家族に理解されていないと思い込んでいた。でも、レスリーから想像の世界を共有できる友人が居るという贈り物をもらい、事故後家族の温かさに気付けるようになりました。
レスリーと最近読んだ横道世之介がだぶってきています。
命のバトンー
彼らからもらったプレゼントをバトンタッチされ、生き残った者は自分の番を生きていかなければいけません。それが彼らを忘れないということ!
 
スポンサーサイト
2014.02.03 17:58|

 
今まで吉田修一が追求して書いてきた主人公とタイプがまるっきり違っていて、彼の新境地を見る思いでした。
主人公・世之介の元恋人だった祥子は40歳になり、世之介を「いろんなことに、『YES』って言ってるような人」「いっぱい失敗するんだけど、それでも『NO』じゃなくて、『YES』って言ってるような人」と評しています。世之介は一見ふら付いていてどこにでもいるような気の良い若者なのだが、困っている人を積極的に助けようと馳せ参じる分けでもなく結果的にはほおって置けずに助けちまったとなるような人でした。そういえば「世之介を知らない人はもったいない」に近いことを言った友人も居ましたねぇ~。そう、是非会ってみたい世之介、もしかすると周囲に居そうなどこかで会っているかもしれないと思いたくなるような世之介なのです!
カメラマンとなった世之介が、いずれ韓国人と2人で線路に転落した女性を助けようとして亡くなるとほのめかされている件が、何箇所か出てくるたびに、えっそんな結末は止してと願ったのですが、祥子に宛てた世之介の母の手紙を読んですとんと落ちるものがありました。
「世之介は充分間に合うと思ったから助けたのでしょう。そんな息子を誇らしく思います」と、さりげなく結ばれた手紙にうるうる来ました。自らの危険を顧みないで人を助ける現実に存在する人たちはきっとこんな感じなのでしょう。切ないラストはカモフラージュされていて人を信じれる温かさと世之介が残した爽やかさが伝わって来ます。
祥子は深窓のご令嬢育ちというユニークな背景。何故か途中で世之介と別れる設定になっていますが、彼女が子育て中の友人に会って助言した言葉が確かな人柄を表していると感じられました。「大切に育てるということは『大切なもの』を与えてやるのではなく、その『大切なもの』を失った時にどうやってそれを乗り越えるか、その強さを教えてやることなのではないかと思う」。そうだよねぇ~。
2人が長崎の海岸で遭遇する難民の事件は実際にあったことです。
デビュー当時のカタカナタイトルの「パレード」「パーク・ライフ」から読み続け、最近では「長崎乱楽坂」「悪人」「さよなら渓谷」などずっとずっと好きになってきています。
吉田さん、長崎出身の清しい世之介を送り出してくれてありがとう!
映画化されていてDVDも出ている・・・。すぐ観るのかそれともしばらくは浸ってからにするのか躊躇っています。
 
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。