--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.11 15:28|

 ミステリーはやっぱり好きではない・・・。
 

 
これはおススメ映画でした! 
 

胸糞悪い結末!薄々は予測できたどんでん返しだけど、こんな悪趣味のどんでんはお断りいたします。
スポンサーサイト
2014.11.01 15:12|

 
DVDを観て、紫郎の幼なじみで登場していた少女がしっくり来ずに不可解でした。それで原作を併せ読み、小説では少女は居なかったことが解り納得。彼女はいなくても充分できるはずなのに、何故わざわざ少女を出演させたのだろうか?少年少女シリーズの番組だったからなんだろうけど、女の子がいない方が断然良かったのに・・・。唯一不満が残りました。
 

生まれた女の子に「烈」という名前を付ける。
「烈」は名前に恥じない生涯を過ごして閉じたと思います。
2014.11.01 14:40|

 
 
27年間兄だと信じていた男は何者なのか?村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。竜彦は偽者なのではないか?全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う―。第60回江戸川乱歩賞受賞。
 
嫌中韓が蔓延っている最近、ラストが衝撃的でとてもすがすがしく爽やかでした。主人公が視覚障がい者のために、小説全体が終始疑心暗鬼の暗いベールで覆われているような雰囲気で息苦しく読むのを止めたかったほど。でも、それだけにラストが晴れやか!棄てずに最後まで読み終えられ本当に良かった!
日本政府が何故満州国建設に躍起になっていたか、中国残留孤児問題などの社会問題が絡みあい内容の濃い作品でした。
ミステリー、随分遠ざかっていた間に進化していたんだとつくづく思わされるこの頃。
著者は乱歩賞に9回挑戦し5度目の最終候補となる本作で、還暦に念願の賞を射止めているのも凄い!
 
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。