--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.10.27 12:30|

2010年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ

リスベットが命がけでぬれ衣を晴らし、また父親への復讐劇なのに、「火と戯れる」の言い回しがあまりに悠長ではないか。鑑賞後溜飲が下がらないので調べてみた。英語の慣用表現でplaying with fire は危険なことに手を出すという意味らしいが、戯れるとは何て繊細さに欠けた副題を付けたものだろう。戯れるとは遊び興じる。何かを相手にして、おもしろがって遊ぶ。ふざける。また、冗談を言う。みだらなことをする。また、男女がいちゃつくということだ。これじゃあリスベットに対するリスペクトなさ過ぎ!
一作目の「ドラゴンタトゥーの女」を観たのは昨年。リスベットに魅せられながらもレイプシーンを観るのが耐えられずに2,3作目を観る勇気がなかった。でも、今回の「ブログdeロードショー」の兼題がミステリー。これを機会に観るしかないと決断しました。
小柄な身体にタトゥーを入れ鼻ピアス、服装も暗めに武装したリスベット。彼女は孤高で誰にも媚びず、人を容易に寄せ付けずにバイセクシュアル、特殊能力を持つ天才ハッカー。でも、桁外れに社会性に乏しいわけでもなく信じられる相手には心を開ける。一作目のラストはミカエルに芽生えた恋心を封印するかのように、黙って姿を消すいじらしい面も伺われた。
二作目では窮地に立っても独りで解決しようとする気概はなかなかなもの。でも、彼女がそうなってもおかしくないと云えるほどの忌まわしい過去は不憫だ。
リスベットの父はソ連時代のKGB元工作員、母は元娼婦という複雑な出自を持つ。幼少時は悲惨な環境の下で暮らし、母が父の家庭内暴力で心身ともに重傷を負ったことをきっかけに、父への殺害を行ったことで精神病院に隔離されている。
「ザラ」という謎の男、その手下である無痛症特異体質の“金髪の巨人”がリスベットと深い関わり合いがあると、ラストで解き明かされる。
リスベットにこれ以上の重荷を背負わせないでと、作者を恨みたくなるほどだった。リスベットは敢然と立ち向かう!
警察公安に存在した特殊機関の恐るべき陰謀などストーリ展開が入り交じり、3時間ぐいぐい最後まで息をつかせない。
北欧社会は福祉国家でもあり女性の社会進出も高いと思っていたが、未だ女性蔑視や暴力が残っていると、映像で知り背筋が凍りついてくる。
また本作ではセックスを伴う人間関係が淡々として描かれている。嫌悪感を抱くというより、3度の食事をするように受け止められるから不思議だ。
確かにミカエルは女性からみて魅力的な男であるが~。彼は雑誌『ミレニアム』社の共同経営者であるエリカと絶妙な不倫関係を保っている。芸術家であるエリカの夫はエリカとミカエルの関係を容認しているのだ。果たしてセックスは同士のような間柄でも成立し得るものなのか。またミミとリスベットの同性愛も友情めいたものが存在し不潔さは感じられない。
それだけにリスベットがミカエルに抱く恋心が初々しく見える。
たぶん、事件の背後にあるお金でセックスを売り買いする売春組織との対比を狙ったものだろう。セックス間にそれなりの愛情と尊敬があればOKということだろうか?
登場人物が多く手元にメモ用紙は必須。全貌はつかめるが、時々後回しして顔と名前を確認しないと詳しいところまで理解できない。とても暗がりの映画館では無理だったかもしれない。
完結の第3部『眠れる女と狂卓の騎士』を近々観るつもりです。
またもや摩訶不思議な言葉の副タイトル、「狂卓」とは何ぞや!?






スポンサーサイト
2015.10.13 17:11|

フランス/ドイツ/イギリス/スイス2004年
実直な初老の男とアウトローの中年男、正反対の人生を歩んできた2人が偶然出会い一緒に過ごす3日間の物語。2人の男が互いの境遇を振り返り、夢に見た別の生き方を相手の人生の中に見出し心を通わせていく様を、しみじみと切ないタッチで描いたヒューマン・ドラマ。

昨夏に「髪結いの亭主」を観てパトリス・ルコント監督に興味が湧いていたところ、宵乃さんに勧められていた作品でした。
好きな『メルシィ!人生』のジョン・ロシュフォールがマネスキエを演じていて、季節がらとても秋にマッチした作品でした

ばっちり私好みの映画でしたが、ラストがほろ苦く切なかった・・・。
それぞれが違う列車に乗りそれぞれのレールを走っている。旅路の果てにようやく交差できたレールウェイ。
でも、私は神様のプレゼントで2人の魂が入れ替わり、それぞれが余生を夢見た異なる方法でスタートしていると思うことにしました。

ミランが初老のマネスキエに「すれ違っても女があなたを振り返らないのは、あなたが輝いていてまぶしいから」と、ガラス窓に彼をうつらせ「現実をよく見て。ほら輝いているだろう」と云うセリフは印象的。違う視点で物事を視れるミランなのにいったいどうしたら銀行強盗なんて。彼からからしても、きっとマネスキエは素敵な人生の先輩に見えたでしょう。そして何よりも、彼ともっと早く出会っていたら違う生き方が開けていたと悔しかったはず。
2人の人物で設定してあるけれど、人はそれぞれの顔を持って生きていて、自分が夢見憧れていたもうひとつの人生を生き切れずに終焉を迎える。マネスキエとミランは同じ肉体に存在した表裏だったのかもと思ってみたりも~。深い余韻を味わえる佳作だと思います。


交わらぬレール二つが交差成し互いの線に再度生きばや




宵乃さんが描いたマネスキエ役のジョン・ロシュフォール。
ミランの留守中、椅子にあったジャンバーを拝借し、すっかりミラン気取りなっているマネスキエ。にやついている表情はマネスキエにそれまで見られなかった雰囲気が現れ、その瞬間を見逃さずにとらえたナイスなイラスト!です。


2015.10.12 17:15|

 



(↑宵乃さんの描かれたイラストは本作を巧くとらえ、現代風にアレンジされていてイイネ)

1961年作

60年代の日本でシュールかつスタイリッシュな映画を撮っていたとは。でも先ほど観た1956年にイギリス映画「The Lady Killers」などもあるから、脚本を書き下ろした和田夏十も充分に影響を受けているのではないだろうか。コメディとサスペンスという相容れない素材を、「ブラックユーモア」というテイストで料理してあるのは同様に感じられた。
検索してみると、実際に私生活で監督がある女優と不倫騒動を起こしているらしいから、妻でもある和田夏十の入れ込みはかなりあったかも(笑)。
「誰にでも優しいということは、誰にも優しくないってことよ」の名言は当時評判になったらしいが、誰にでも優しい男は誰にでも優しいのだから、自分だけ優しくされているわけじゃないとどうして気づかないのだろうか。それはそれで泳がせとけば可愛いというもの。冷たいDV男よりはずっとましと云えるようになったのは年の功?
この時代モテる男は主人公の風松吉のような男だったのだろうか。二枚目で腰が軽く一見「いい人」風な愛と愛嬌を平等にふりまくタイプ。果たして現代の女たちはどんな反応を示すのだろう。いつしか桐野夏生の『OUT』と比較しながら観ていた。
愛嬌を振りまく男に対する復讐は『籠の鳥』」!
何てアバンギャルドなお仕置きだろう。しかも他の女たちもお金を出し合って2人の生活の面倒をみるというのだから。市子を演ずる岸恵子が交通事故の現場とすれ違う場面をもラストに加えるのも忘れない。
色んなジャンルでたくさんの作品を残している市川崑監督だが、ほとんど観てこなかった。好みではないけれど、本作は苦手なうちでも好きな方に入る。


09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。