--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.02.29 15:26|映画

167061_02.jpg



活気あふれる江戸の街、両国橋の夏の昼日なたを真っ直ぐ歩いてくる意志の強そうな女——お栄、23歳、浮世絵師。移り行く四季とともに、父であり師匠の葛飾北斎や仲間たちと浮世絵を描いて暮らす日々。そして今日もまた浮世の街を歩いていく——。

声  杏   お栄
  松重豊   葛飾北斎
  濱田岳  池田善次郎
  高良健吾   歌川国直

世知辛い”憂き”世をどうせ描くなら面白おかしく描こうじゃないかということで、「浮世絵」と呼ぶようになったと、梶よう子著『ヨイ豊』にありました。『ヨイ豊』は歌川広重、歌川国芳、豊国の歌川派を書いた小説ですが、『百日紅』は同時代を生きた葛飾北斎の娘・お栄が主人公です。そのお栄の声を杏が演じていてぴったりでした。父親の北斎、こと鉄次郎を松重豊など、幻想的で怪奇な江戸の世界を満喫できます。
お栄の末の妹で目が見えないお猶のエピソードが盛り込まれていました。原作でお猶は1話しか登場していずに、残念ながら印象が薄く記憶にありませんでした。でも、お猶の「目が見えない」描写のシーンが素晴らしく、本作に膨らみを持たせたと思います。アヌシー国際アニメーション映画祭(2015年) - 長編部門・審査員賞、第19回ファンタジア国際映画祭(2015年)を初めとして、数々の賞を受賞は当然でしょう!海外でも人気作品となったようです。
「真冬のファンタジー」企画にイチオシの作品でした。
観ていない方には是非にとおすすめします。





ここから後は以前に原作本の漫画を読んだ時の感想です。





原作者の杉浦日向子さんが46歳で亡くなって10年目を迎えるそうだ。彼女が時代考証を得意とし、江戸時代に学ぶとやらのテレビ番組に出演しているのを観て印象に刻まれていたのだが、漫画本を手に取ったことはなかった。(近年「江戸ブーム」とやらで、やたら「江戸三百年の智恵に学ぶ」とか「今、エコロジーが手本」とかいうシンポジウムに担ぎ出される。正直困る。つよく、ゆたかで、かしこい現代人が、封建で未開の江戸に学ぶなんて、ちゃんちゃらおかしい。私に言わせれば、江戸は情夫だ。学んだり手本になるもんじゃない。死なばもろともと惚れる相手なんだ。うつくしく、やさしいだけを見ているのじゃ駄目だ。おろかなりのいとしさを、綺堂本に教わってから、出直して来いと言いたい」と解説で書いている)

杉浦さんは浮世絵を下地にした独特な画風で江戸の風俗を生き生きと描くことを得意とした。本作は漫画家としての代表作で葛飾北斎と浮世絵師たちの世界を描いてある。登場人物は下町の長屋に暮らす鉄蔵こと葛飾北斎とその娘、お栄に、居候の善次郎。そして、国直。彼は歌川門下を代表する絵師でありながら対立する北斎を尊崇している。歌川一門の人間関係に窮屈さを感じ、自由闊達な鉄蔵門下に憧れを抱くも義理と人情の板挟みに遭っていた。
其の九 ”鬼”というエピソードが面白かった。お栄がある武士の依頼を受けて地獄絵を描く。これまで信心の薄かったことを反省した武士は、その地獄絵を見て己の罪障を悔い改めようとしたのだ。しかし絵から夜な夜な抜け出す鬼たちにうなされて、武士の妻が病気になってしまう。そこで北斎は出かけて絵にあるものを描き加えたのだ。「てめえはいつだって描いたら描きっぱなし”始末”をしねえから悪い」といって仏様を傍らに書き添える。「な、こうすりゃ”始末”ができただろうとお栄に諭す」。
たまたま1週間前テレビでやっていたのと同じだった。十数年前に原爆図を描き気にいらずに長く押入れにそのままにして放置していた画家が、最近あるものを描き加えて「やっと完成した!」と満足げに自分の絵に見入っていた。原爆が落とされて苦しむ人らの悲惨な光景の横に、伸びようとしている向日葵を一輪加えたのだ。希望を添えて救いがある。
アニメ化もされるらしいが、コミックも是非手に取って欲しい。
スポンサーサイト
2016.02.24 18:44|映画


古い歴史を持つ運河の町のある旧家を舞台に、そこを訪れた青年の一夏の出来事を描く。ある日、歴史のある運河の町が火事で焼けたことをニュースで知った江口は、10数年前に大学の卒論執筆のためにこの町を訪れたときのことを思い出す。親戚から紹介された一軒の旧家に泊り込んだ大学生の江口。まだ少女の面影を残す妹の安子(小林聡美)。夫がいながら家を出て寺に住み込む姉の郁代(根岸季衣)・・・。




「ふたり」と同監督による本作もまた異なるタイプの姉と妹が織りなす物語でした。こちらは九州の柳川が舞台。製作は「廃市」が先ですが、私は「ふたり」の後で「廃市」を観たため、「ふたり」で描かれなかった”陰”の部分を出した作品に思えました。陽と陰の2つを合わせて鑑賞できた思いです。
ということで、「ふたり」は文句なしのファンタジー、こちらは云うなればホラーファンタジーに該当するのかなと思っていたら、ダーク・ファンタジーDark fantasyというジャンルが見つかりました。
原作は闘病しながら作家活動を続けた福永武彦でした。
映画の冒頭で「この街はさながら水に浮いた灰色の柩(ひつぎ)である」とのナレーションが入ります。柳川で生まれた北原白秋の序文から引用されていますが、実際はとても暗い雰囲気はなくノスタルジーを感じさせる街です(鰻も美味しい!)。掘割を巡る船頭さん付きで小舟にのったり、白秋記念館を訪れたり、”さげもん”と呼ばれるひな祭りにも出かけていて、静かな佇まいの街です。(撮影時は1983年、当時は排水問題などで掘割の水が汚れていて住民運動を経て綺麗な水を取り戻しました)

妹・安子が卒業論文を書くためにひと夏を過ごしにやって来た江口青年を案内する時、「この街は死んでいるんよ」と語ります。ここでは旧城下町特有の落ちぶれ始めた素封家の滅びる様を言っているのでしょうが、故郷を後にした私の代弁を安子にしてもらった様で小気味良く感じました。今は亡き峰岸徹が演じる直之も言葉に衣着せず言ってました。浄瑠璃を伝えながらも「滅びていく街で、何もすることがない人々が持て余した時間を費やしている・・・」と。がんじがらめの親戚の中で暮らしていく窮屈さー。それらを剣呑ともせずやっていける磊落な人たちに浴びせています。最終的に直之が取った行動であきらかになりますが・・・。
三郎(尾美としのり)が.去っていく江口に叫ぶシーンで「この町じゃ、みんなが思うとる人にちっとも気づいてもらえんとですよ……」 。このセリフは原作にはありません。監督の、地元柳川の人々に対する、詫びがこめられているかのように取れたのですが、時間を置くと深いセリフに思えてきました。
掘割を流れる水の音の使い方が秀逸でした。

最近良くテレビに出演している尾美としのりさん。私的には、デビュー当時は影の薄い人でしたが、さまざまなキャラクターをこなす味のある名脇役さんに、印象が変わってきています。
小林聡美さんは言うまでもありません。

2016.02.22 15:34|映画


千津子と実加は仲のいい姉妹だったが、ある日、姉の千津子が事故で死んでしまう。ショックを受ける実加の前に、幽霊となった千津子が現れる。以来、千津子の励ましによって、実加は様々な苦境を乗り越えていく……。



主題歌『草の想い』の美しい旋律が幾度か流れ、幻想的な世界観をさらに演出していました。尾道の町並みや景色に既視感を覚えるのは、私が海辺の街・長崎に住んでいるからでしょう。親近感を持つほど、街並みの切取られたアングルは本当に似ていました。
最初は、石田ひかりのほわっとする間延びしたようなセリフ回しにとまどいましたが、慣れてくると、そのミステリアス感が幽霊となって現れる千津子とぴったり重なっていくから不思議です。美加の家族の住まう雰囲気もどことなく大島弓子の漫画を思わせるタッチで現実離れしたような描き方でした。母親を演じている富司純子は頼りげなく娘を亡くした精神的ショックから立ち直れていませんが匂いたつような美しさ。父親・岸部一徳の若いお父さん。姉役の千津子(中嶋朋子)が、少女期から今抜け出たばかりの初々しい美加を見守るように包んでいます。美加のクラスメートたち、親友の真子、哲也といとこにあたる万里子のエピソードなど、少女から大人へと成長する女子たちの細やかな襞も描かれ魅せています。
『ふたり』は姉の事故死のあと、姉が妹の内部にすみついて妹の成長を助けて生きてゆく物語。姉が消えてゆくのは、姉が妹の年齢まで生きて、姉が直面することのなかった問題を自分で切り抜けていけるようになった時。
「どこか遠くに行きたい」といつも願っていた千津子の心情が痛いほど伝わって来ました。私も7歳離れた妹がいますが、長女って妙に両親へ遠慮してわがままを言えないのです。このままだったら本当の自分を出せないと、早く親元から 出ていこうとしていた若い頃を思い出しました。どうして、妹は母や父に対して素直に怒ったり泣いたりできるのだろうと羨ましかった・・・。妹は現在実家の裏庭に家を建てて住んでいる)。心配な実加のことを相談に来た母・治子に対し、担任の先生が、「実加は問題無い」とした上で「千津子さんはしっかり者だがまだ子供なので気をつけてあげてください」と助言するシーンがありました。自身が子育てする時にも、長男に目をかけることを忘れなかったのは、自身の体験からです。
ラストシーン近く、(亡くなった千津子の恋人だった哲也だったが)美加の恋人となった哲也に仕事で離れるから「僕と一緒に来ないか」と誘われます。でも美加は「私は行かない。だって行かなくても想像の世界でどこへでもいけるから」という意味合いの言葉を告げます。勿論、美加は姉・千津子のことを小説に書くつもりなのですが、私には、どこにいても自分を出せるたくましさを持ち合わせている美加が感じられました。

坂道を上がってくる実加。
事故の原因になったトラック運転手が花を持って、千津子の死んだ場所にやってくる。
そして画面が切り替わり、後姿になったのは…実加ではなく千津子で終わるラストシーンに「草の想い」が流れてきます。

2016.02.15 13:37|映画

(マンサクの花)

感想を書く時間が惜しまれるほど、次々に良い作品にぶつかるのも困りもの。嬉しい悲鳴をあげてます!
この怒涛がおさまったころに少しづつ書いていくかも・・・。「オデッセイ」が期待外れだった以外はすべて○印でした。

映画
「トラッシュ」「ビリギャル」「ロングキス・グッドナイト」(再見)
映画館で「オデッセイ」「裁かれるは善人のみ」
    

著書  『八幡炎炎記』『中野のお父さん』
2016.02.05 10:56|映画
イミテーションゲーム

監督モルテン・ティルドゥム
原題 The Imitation Game
脚本家のグレアム・ムーアがアカデミー賞脚色賞
2014年 イギリス・アメリカ合作

映画の時代設定は奇しくもまた第2次世界大戦前後の頃でした。ドイツ軍と戦ったイギリスで、50年も隠蔽されていた実話がベースとなっています。戦争は武器だけでなく偏見と云う差別でも命を奪っていたという事実は衝撃です。

「ネタバレあります」

「エニグマ」とは、第二次世界大戦でドイツが作戦連絡する際、作戦を暗号化するため生み出した機械。イギリスは毎日膨大なドイツの暗号を傍受していますが読み解くことができない。戦況は圧倒的にヒットラー優勢でした。
イギリスは、暗号を読み解くために専門家たちを呼び寄せエニグマを解読するチームを作ります。その中で異色な存在感を放ったのが数学博士・アラン・チューリングでした。彼は人間関係を築くのが不得手で不器用なのが過去にさかのぼり明かされていきます。今でいう自閉症気味かなと思いながら観ていましたが、それだけではなさそう・・・。高慢な奴と仲間たちに誤解され、暗号をゲーム感覚で捉えて孤立しながら作業に没頭していきます。しかし、やがて彼は解読できるマシーンを作りだします。仲間からも理解され初め、チームは一丸となりエニグマ解読に成功しますが、暗号を解読するのみでなく人命を救い早い戦争終結へと、目的が大きく変化していきます。

アランが作ったこのマシーンがコンピューターの元祖だったのは驚きでした。彼の学術的功績はコンピュータ時代となってさらに重要視されているとも。
もう一つ見逃せないのは、何故50年もの長い間、この事実が隠ぺいされてきたのか!それはアランがホモセクシュアルだったからでした。イギリスでは1967年代までホモセクシャルは犯罪でした。世界大戦下に嘘の告発をされ投獄された人々が数万いたとも云われているのですから驚きです。
映画のラストで、彼はホモセクシャルを認めて犯罪者になり牢にはいるか、それともホルモン剤を飲んで治療をするかのどちらかの選択を迫られます。アランは研究を続けたいためにホルモン剤を服用し、最終的に自殺することになります。
(2009年に英国首相ゴードン・ブラウンが正式に謝罪したことで彼の名誉は回復)
ホルモン投与ですって!?何て無知だったのでしょう、
今でこそ、彼らを守る法律制定の国が現れましたが、差別と偏見は彼らの前にはまだまだ立ちふさがっているはず。

「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチの素晴らしい演技が本作を更に盛り立てていました。
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。