2016.05.09 16:00|映画


お勧めの1本!黒木華さんが良いね。



2016.05.07 12:08|

 

中高一貫の美心国際学園(BIS)で、SF小説を大好きな十五歳の内気な少女・空。ノンフィクションが好きでSFに理解のない同級生・武人からビブリオバトル部に誘われます。個性的な五人の仲間と活動を始めるが……。紹介書籍は多種多様、三度のビブリオバトル・シーンも臨場感たっぷりです。


最近、めきめき脚光を浴びて来たビブリオバトルです。

ビブリオバトルとは自分の好きな本を人前で紹介するというもの。昨日もラジオでやっていました。

装丁がラノベっぽくて誤想されがちですが、ビブリオバトル部員のそれぞれが取り上げた書籍は多方面に渡っていて興味深い作品が多々ありました。映画やコミックにしても同じく、偏見は自分の楽しみを閉じてしまい狭める結果になるので自分が損するだけで実にもったいない。亡き武人の祖父の書庫にあった旧いSF蔵書。それを見つけた空が感嘆の声をあげて一冊づつを手に取り解説していく所にドキドキ。もっと読んでおけば良かったジャンルだったと後悔するほど。フィクションの面白さを伝えようとして、ノンフィクション一辺倒の武人にターゲットを向けビブリオバトルが展開されていくのが良かった。

顧問の朝日奈先生が「世の中で最も危険な思想は、悪じゃなく、正義だ」という言葉にとても共感を覚えます。正義の旗を振りかざすと、同じ考え方でないものを一方的に攻撃し他を受け入れられずに、最も排他的になる怖れがあるからです。

山本弘さんは初めて知った作家さんでしたが、予想以上に深さがある本でした。


2016.05.04 18:15|映画と本

小さい


ファンでもある黒木華さんがらみで、「小さいおうち」をケフコさんのブログで読ませて戴きました。映画は1年ぐらい前に観て好印象だったのに忙しさに紛れて書き落としたまま。幸いにも、原作を読んだ感想を5年前に書き留め他のブログに残していました。

原作を読んだ後に映画化されたのは知っていましたが、私のイメージを大事にしたいと映画はしばらく観ませんでした。 たぶん4年ぐらい経った頃に鑑賞したのでは?白い割烹着でベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞したタキ・華さんを観るためだったのに、意外にも主役を演じた時子・松たか子さんの存在感が大きかった!2人とも素晴らしかったと思います。 



物語は東京西部にある赤い三角屋根の洋館に働いていた女中、タキの回想で書かれています。
東京の中流よりも少し上のクラスの庶民の人たちの暮らしぶりが描かれていて、時代は昭和の初期の時代なのに、不思議と懐かしさと新鮮さを感じてしまいました。戦争が忍び寄る暗い時代背景の中で、意外にも元気にイキイキと日々をすごす人々らがいるのは力強くも感じられました。
7章まではタキが仕えた平井家の時子奥様とその坊ちゃん、おもちゃ工場に勤務する旦那様と4人の生活を中心に、回想録の形で女中奉公の記憶をつづりますが、時々その回想録を甥である健史がこっそり読むという構成になっています。
淡々としたタキの回想が気持ちよく流れているのを、茶々をいれたような健史の言い分がその流れを断ち切っているのは紛らわしいなぁ~。単に現在と昔を比較しているのだろうと思いきや、章を追うごとにこの健史が重要な役割をなし思わぬ展開をもたらします。
最終章で、健史はタキが亡くなった後、洋菓子の空き缶の中からタキが平井家の家族と一緒に写った写真数枚と和紙の封筒を見つけます。裏に平井時子とあるだけで宛名が書かれていない美しい封筒でした。タキが生涯隠し続け後悔してきた真相が明らかになった時、胸が詰まります。タキが慕っていたのは、時子が思いを寄せていた板倉だとばかり思っていたのにそうではなかった・・・。意外な真実に驚き、なるほどと中島ワールドの上手さに舌をまかずにはいられません。

イタクラ・ジョージの記念館も実際にあるような気にさせてもらえる仕掛けは素晴らしい!中島京子さんの作品の中で一番好きな作品です。やはり第143回直木賞を受賞していました。
同じ題名でバージニア・リチャード・バートンの「ちいさいおうち」という絵本が登場しますが、たぶん中島京子さんは同タイトルの絵本からヒントを得この作品を書かれたのでしょう。久しぶりにこの絵本に出会えたのも思いがけず嬉しかった

(2011年・12月22日)




04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる