2016.07.04 15:38|映画

サンドラの週末


Deux jours, une nuit/Two Days, One Night          

製作国: フランス・ベルギー/ 上映時間:95分

監督 : ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟


体調不良で休職していたサンドラは、ようやく復職の目途が立つ。そんな矢先のある金曜日、会社が職員へのボーナス支給のために1人解雇しなくてはならず、サンドラを解雇すると通告してくる。同僚のとりなしで、週明けの月曜日に職員たちによる投票を行い、ボーナスをあきらめてサンドラを再び迎えることに賛成する者が多ければ、そのまま復職できることになる。それを知ったサンドラは週末、同僚たちを説得してまわるが……。


想像以上に心に残る作品でした!淡々とした地味な映画でしたが居心地の良いラストが待っていました。ひと昔前だったら労使交渉のごりごりアジテ―ション映画になっていたかもしれない。(そうならないのが今の時代なのでしょうね。良かったよ!)

鬱病と向き合いながら、めげながらも最後まで戦い続けたサンドラに拍手したい。同僚の対応に一喜一憂して弱くなったり強くもなるサンドラの描き方に共感が持てました。等身大のヒロインに、勝利を得ることよりも前を向く姿勢が大事なのだと、今更ながら教えてもらえました。サンドラを支える夫の励ましがとても適切で爽やか。

同僚たちのそれぞれの家庭事情も伺え、同僚間の仲間意識や友情もあり頷けます。国民投票でEU離脱を決めたイギリスを重ねながら鑑賞したところもあったかな?



06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる