2017.08.02 15:57|


明治39年春。昔は控え選手、今は小さな業界紙の編集長を務める銀平は突如、母校・一高野球部コーチにと請われた。中年にして野球熱が再燃し、周囲の嘲笑をよそに草野球ティームへ入団。そこへ降ってきた大新聞の野球害毒論運動に銀平は作家の押川らと共に憤然と立ち上がる。明治野球の熱狂と人生の喜びを軽やかに綴る痛快小説


ド真ん中の野球小説!

読み終えた後に知ったのだが、主人公の銀平のみが架空の人物で、それ以外の登場人物は大方が実在した人たちらしい。スポーツに疎かった私には、寧ろ逆で、万年補欠選手だった銀平(彼とて並みの人物ではない)の方が近しい。彼の家族で親父さん、妻、子供、妹、妹の亭主、長屋の住人たちとの日々に暮らしで交わされる会話に耳を傾けた。


中でも、主人公の銀平の幼友達で葬儀屋を営んでいる良吉の言葉がずしんと心に響きました。

「せっかく今生で巡り会った身体の力をうまく引き出して、心に添わせてやることなんだよ。俺はね、『幸せな最期』っていうのは、自分の身体をちゃんと使い切って死んだ人に言うもんだと思っているよ。金持ちとか出世とかそういう一通り一遍のことじゃなくてさ」

銀平の親父さんが銀平をたしなめた言葉

「人は求めに応じて働くのが本当だ。てめぇのように何がやりてぇかにほざいているうちは世間の立派な一員にゃあなれねぇのよ。相応の人物には必ず他所から役割が与えられる。与えられたらその役割を四の五のと言わずにまずこなせ。そこで使い物になってはじめて、己の道ってもんが開けて来るんだ」

銀平がコーチしているピッチャー川西君

「本当に才のない人間は、自分に才がない事すら気づけない。せやから正当な結果によって駄目をだされても、本人は分からないから不当な扱いを受けたと思い込む。挙句、自分はもっと評価されていいはずや、認められないのはおかしい、世の中不公平やと不平不満を募らせる。すべては自分が元凶なんだけど、自分も世間も見えとらんから始末に悪い」

若い頃に、上のような言葉を聞いたら素直に認められなかっただろう。

でも年を重ねて受けとめられるようになってきた。

「金にもならないのに、それほどの時間と人生をどうして費やするのか」の問いに

銀平や実在の押川春浪など、野球人でなくとも分かる気もするが、突っ走る勇気は私にはない・・・。



07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる