--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.09.07 11:35|

51Eb7a4eulL__SX348_BO1,204,203,200_


平成2年。全国紙の採用試験にすべて落ち、北海道の名門紙・北海タイムスに入社した野々村巡洋。縁もゆかりもない土地、地味な仕事、同業他社の6分の1の給料に4倍の就労時間という衝撃の労働環境に打ちのめされるが…会社存続の危機に、ヤル気ゼロだった野々村が立ち上がる!休刊した実在の新聞社を舞台に、新入社員の成長を描く熱血仕事小説。


主人公の野々村に仕事を伝授した先輩・権藤は、道内でも新聞界のエキスパートとして知られているのに、長く北海タイムスを去ることができない。その心情が分からないわけでもないが・・・。腑に落ちない私が冷たいのかと思いながら読み進んでいた。その権藤にアドバイスを与える上司が現れてほっとする。

「権藤は書いても整理しても(編集)あれだけの才能だ。俺は全国紙に行くべきじゃないのかって思うんだよ。別の業界へ行くのがみんなへの筋だって?そうだろうか。新聞業界全体を考えたら大きな損失だ。新聞は誰のものだ? 権藤のものか? 違うだろう。読者のものだろう。社会のものだろう。木鐸ってなんなんだ。誰を見て仕事してんだよ。読者より自分の筋の方が大切なのか。松田だってそうさ。筋だ筋だってそんなことばっかり言って。あいつが整理に来てから社会部と運動部から何度も誘いが来てる。だけどあいつは『秋葉さんより先に俺が外に出るわけにはいきません』って全部断ってる」

「あいつら人生これから先ずっとうまくいかないだろうな。馬鹿な部下ばっかりだ。でもな、俺はああいった馬鹿な奴らが嫌いになれないんだよ」


気になって実態を検索していたらある地方紙の廃刊に思うに突き当たった。なるほどそういう事だったのか!



同著による”シャトゥーン ーヒグマの森ー”もつい読んでしまった|д゚)チラッ。

怖いの一言で、山好きな私にとってはただただ九州で熊が絶滅してもらってありがたかった。自然を守ろうなんて何ておこがましい!

増田俊成さんの『木村政彦はなぜ力動山を殺さなかったのか』で大宅壮一ノンフィクション章と新潮ドキュメント賞をダブル受賞していて興味があったのだが、これ以上の男臭さについていけそうにないので止めました。


スポンサーサイト
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。