スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログdeロードショー・今回の肝だめし大会 「すべて彼女のために」

2013.08.30 16:37|
 

2008年フランス製作
ヒューマン・サスペンス
監督:フレッド・カヴァイエ
出演:ダイアン・クルーガー/ヴァンサン・ランドン/ランスロ・ロッシュ
 
国語教師であるジュリアンと編集者であるリザは、一人息子のオスカルと共に平凡ながらも幸せな生活を送っていた。しかし、ある朝、彼らの人生が一変してしまう。警察が突如として家に押し入り、リザが上司を殺した容疑で逮捕され、投獄される。やがて三年の時が経ち、リザに二十年の禁固刑が宣告されてしまう。無実の罪を必死に主張するリザであったが、状況証拠などから、誰もが彼女の罪を確信していた。夫・ジュリアンを除いては…。彼女の人生に残されたのは絶望だけだった。次第に衰弱し、精神も不安定になっていくリザ。一方で、ジュリアンは諦めなかった。悩んだ末に、彼がとった行動とは
 
ホラー占いの結果で出た「MAY」を期待してレンタル店に走ったのですが、パッケージに拒否反応を起しました。ならば次点の2作に挑戦しようと借りて帰った「THE EYE」「?」にも撃沈。手術などの出血シーンは、先ほど手術を受けたばかりの私には無理だったみたい。
たまたまオンエア~されて録画していた「すべて彼女のために」を観たところ、これこそ私にとっての恐怖の世界でした。
 
無実の罪で投獄されることほど怖いものはないと日頃から思っている。ある日不利な状況証拠が偶然に重なり思いがけず逮捕される。家族の誰かが、こんな風に冤罪に巻き込まれてしまうと想像しただけでも恐ろしい。
「平凡な男だ」と刑事を言わしめたのは冤罪で妻を逮捕された夫。妻が逮捕されるまで彼は平凡な国語教師だったがだろうが、彼は平凡な男から変貌する。愛する妻が無実の罪で投獄され、彼女を取り戻すため、すべてを捨てる覚悟で脱獄計画を練り上げ実行していった。冤罪事件の場合、無実を主張するか若しくは真犯人を追及するかのサスペンスフルな展開になるのだがそうではなかった。現行の法で妻を救えないと知った時、主人公(夫)は正義を求めるより、法律や国家に見切りをつけ、妻を脱獄させ自由にさせる道を選んだ。凡庸な男が、不可能としか思えないことを決意し、実現させるために裏社会と取引し危険な橋を渡っていく過程は観ていて切ない。脱獄に関する本を読み、その著者に会ってアドバイスを求める。その著者が「脱獄に成功しても、その後が問題だ」と、ジュリアンに最後に与えた忠告が、ラストの場面で思い起こされた。脱獄に成功し高飛びできたシーンを観ても決して手放しの安心感は感じられなかった。たどり着いた新天地で3人が無事に生きのびれるかどうか不安が残る。
ジュリアンの計画を知った両親の複雑な思いも悲しいぐらいに伝わって来る。
1時間半という適切な上映時間もgood!スリリングさを途切れさせず最後まで観客を引っ張っていく適った時間だろう。
 

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。