言の葉の庭

2013.08.07 14:34|

2013年作 監督 新海誠
 
映画の中で引用されていた短歌は万葉集の中の問答歌からでした。ユキノが高校生のタカオになぞかけのごとく残した短歌です。
 

鳴る神の少し響(とよ)みてさし曇り雨も降らぬか君を留(とど)めむ 
作者未詳(柿本人麻呂歌集) 万葉集 巻11-2513
 
が少しばかり鳴って曇ってきた。雨でも降ってきたらいいのに・・・。そしたらあなたが帰っていかないから・・・。 (雷(かみなり)の語源は「神(かみ)・鳴(な)り」のこと。万葉の頃は神の音が鳴り響いていると思われていたのですね)
 
しばらくして、タカオがそれに対する返歌を返します
 

鳴る神の少し響みて降らずとも我は留らむ妹し留めば
 
雷が少しばかり鳴って雨が降らなくても、私はとどまりますよ。あなたが「いて欲しい」って言うのなら
アスファルトや階段に弾ける雨や水面をたたく雨粒が、何とも素敵に描かれていました。山へ行けずに森で雨を眺められなかったから久しぶりに味わえて嬉しかったです。ストレートな演出に物足りなくも感じましたが、46分のこの素晴らしい映像が生かせないですよね。タカオがあまりに大人びた高校生で、ユキノはまだまだかけだしの新米教師ー。
(映画とは別な意味合いで)自分と生徒の線引きができないぐらい勤め立てのころの私も、甘ちゃんだったかも。理想に燃えて教壇に立ったのだけれど、撥ね返すだけの忍耐も強さもなかったあの頃の自分を思い出しました。その頃の私と比べれば、タカオは靴職人を目指すぐらい自分の生き方をしっかり持てている男の子です。私にとって、雨音を聴きながら置き忘れてきた青春の輝きを紐解いた掌編でした。
http://www.kotonohanoniwa.jp/言の葉の庭の素晴らしい映像は、私が言葉を百回唱えるよりも、一度観れば伝わります。実写では撮れないアニメーションならではの作品に仕上がっています。日本のアニメは世界をリードするだけのことはある。今後も見守っていきたい新海監督です。
宵乃さんが(norさん、きみやすさん)に紹介してもらえなければ知らない作品でした。ありがとうございました!

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる