スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前多田便利軒

2013.07.30 16:35|
 

2011年
便利屋主人の多田啓介は、何をするにしても慎重派のしっかり者。淡々と確実に仕事をこなす一方で、産まれて間もない息子を死なせてしまい妻と別れた過去を持つ。そんな多田のもとに転がり込んで来た同級生の行天春彦は、黒いロングコートに健康サンダルという奇妙な出で立ち。謎に満ち、飄々としていて全くつかみどころがない。一晩だけのはずだった水と油のような二人の共同生活は、どこまでも続いて行く……。つかず離れずの同級生以上親友未満。共にバツイチの30代の男たち。
 
三浦しをんは好きな作家さんなんだけど、数年前に読んだタイミングが悪かったのか途中で止めていた「まほろ~」でした。でもずっと気になっていて映画でラストまでたどりつけ本当にラッキーでした。背に重たいものを抱えている主人公2人が、時にシリアスに、また時にコメディタッチで演じる大好きな味付けでした。どこかの涙腺をやたらと刺激して落涙を誘う映画よりずっと上品です。
子供を亡くした多田が「お前なんか子供も、お前を慕っている女までいるくせにすべてが無いとぬかしやがる」と行天に云い放ち、「明日出て行け」というシーンなど胸が熱くなります。
母親に愛されない由良と3人で話したフランダースの犬についての感想。「両親が居ないのと、居ても最初から愛されないのとどちらが不幸?」と子供に聞かれ、多田は「たとえ愛されなくても、これからお前は人を愛せるだろう」と諭しますが、多田も一年が終わろうというのに未だ変われそうにもない自分と向き合っている。そうなんだよね、大変なことがあって前向きになろうとしても這い上がれない辛さ。人はなかなか変われずそれでも引きずりながら生きていくしかない。痛みが分かる2人だからこそほおっておけないんだ。便利屋に訪ね来る人は心に何だかの病を持った人が多く、それを親身に受け止め相談に乗ってくれる多田と行天。無骨な友情関係にほっこりと心が温まるバディ映画です。
瑛太はもともとファン、最近松田龍平のファンにもなりつつあった2人のコンビはカッコイイ。
エンドロールに流れる“くるり”の曲キャメルもgoodでした
 

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。