エル・ドラドから何故か懐かしい森田童子へ

2013.04.16 18:34|

ほとんど観ない西部劇なのに好奇心でBSのチャンネルを合わせた。理由は、映画好きな年配が語るロバート・ミッチャムとジョン・ウェインを知らなかったから。自称映画が好きという以上、ジャンルを越えて観なくてはと思い始めている。
感想は予想通り。どうしてこうも主人公たちは仇討ちが好きで殺しあうのか分からない。お家(いえ)か友情のために刀かピストルを持って復讐に燃える彼らは、日本の時代劇に似ていた。好きな女には愛想をつかされ逃げられる結末はちょっと違うかな?
 
でもおかげで森田童子を思い出させてもらえた。 
童子の歌詞にあったロック・ハドソン!
♪~今夜は久しぶりに 君とロックハドソンのジャイアンツでも しみじみ見たい気持ちだね ♪~
当時ロック・ハドソンの名前は知っていたが、有名な「ジャイアンツ」(1956年製作)を観れるはずもない。ビデオなぞない時代だ。
大学入学時、学生運動も片隅に追いやられ乗り遅れてしまった自分を感じていた。今でも気だるい声と歌い方に魅かれる。暗い中でも比較的明るさを感じられ好きになった「雨の中のクロール」。私も同じように雨が降る中プールで泳ぐのが好きだったから、初めて聴いた時にぞくぞくっとしたのを思い出す。 運動音痴なのに何故か水泳だけはとても得意だった。昔からチームプレイは苦手だけど、水泳やマラソンのようにひとりでやる競技は今でも好き。
         

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる