スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ探しながらお家へ帰ろう  BSで「ハンサム★スーツ」を観る

2013.04.10 16:36|
 

2008年製作 
監督 英勉
 
定食屋を営む琢郎は器量が悪く女性にもてない。ある日、着るだけでハンサムになれるスーツを手に入れ、カリスマモデルの杏仁に変身し人気者になる。
handsomeは通常美男子を指すようですが、中年以上の女性にも威厳のあるとかきりっとしたという意味合いにも使われます。
外見か中身かという普遍的なテーマを、笑いに包みさらりと見せてくれました。素直に観るあまり、ラストの展開を読めなかった私は最後まで楽しめてラッキー。ベタなストーリー展開に却って爽やかな心地好さを感じたのは、先日辛味の効いた“白雪姫と鏡の女王”を観たおかげかも!?好きな谷原章介がガニ股で歩いたりと、豹変後の琢郎を巧く演じていました。
もっと美人に生まれていたら良かったのにとは思うものの、いざ決別するとなると、おそらく今までの半生を捨てるような気持ちになるだろうなぁ~。
琢郎(塚地武雄)と本江(大島美幸)が幸せ探しゲームをしながら家へ帰るシーンにほっこりとしました。
どんなのかって?街で見かけた小さな幸せを携帯に撮ったら10歩先に進むことができるっていうゲーム。落ち込んだ日にはやってみよう!
挿入歌の佐野元春が歌うsomedayが最高でした。
 

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。