スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のくれた赤ん坊

2013.01.31 16:02|
製作 1979年
監督 前田陽一

 
昔の流行歌を聞くと当時を思いおこせるように、映画もそれが流行っていた頃が蘇ってきます。この映画の時代設定は私自身も小夜子(桃井かおり)より少し若く、ルーツ探しで巡った先も九州と共通項が多く、懐かしさが溢れました。
当時、映画のポスターに気付きながら劇場に足を運ばなかったのは、突っ張っている桃井かおりに同感できなかったからです。こうやって観るとあの時代を生きる女を精一杯演じていた女優さんだったのだとも思えます。いじらしくも見えるのは私が大人になったからかもしれません。
同じように、夫と同棲していて「神田川」の歌詞にあるような石鹸をかたかたいわせて風呂屋通いをしていましたが、私と小夜子は随分違っていましたねぇ。
同棲相手・晋作(渡瀬恒彦子供と押し付けられた新一の父親探しと、小夜子のルーツを探す旅が上手く融けあっていました。突然、現れた新一を伴う旅行で、2人が成長できたということでしょう。
父親が晋作かもしれないという可能性はおいて、道中訪ね歩く父親候補の男4人もクセのある面々で、彼らとの出会いと交流がコミカルに描かれています。(2人が体の良い恐喝まがいをやっているのは目をつむることにしました)。小夜子がルーツを手繰り寄せ、母親が遊郭にいたと知り、街角に立ち男に買われようと試みたり(勿論途中で逃げる)、またそんな母親がサヨコの同棲を知り怒りにまかせ打つ回想シーンなど胸が熱くなりました。
冒頭、女優志望の小夜子に初めて与えられた台詞である「もしかしたら、私たちの考えてる事って同じなんじゃないかしら」という台詞が、効果的に使われていたと思います。 
 

置き去りし子の顔浮かび引き返す大吊り橋に靴鳴らす音

モノクロの記憶に写す天守閣同じ思いで三人(みたり)見上げる

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。