『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』

2012.09.17 14:50|
 
(ストーリー)
国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生し、その後、殺害されるという事件が発生した。しかも、事件には警察が押収した拳銃が使われていたという。警察内部の犯行だということを隠蔽するため、上層部は偽の犯人を仕立てあげようとするのであったが・・・。
 
2週続けて映画館へ通ったのは久しぶりです。やっぱり映画館で観るのと家でBDで観るのとでは大違いです。
何にも観る映画がなかったので、試しに「レインボーブリッジを封鎖せよ」を観たのは何時だっただろうか?そしたら結構面白く、テレビでスペシャルも2作ほど観たことがあります。音楽のノリも良く、事件の経緯のスピードが私には頃合で、しかも上役3人のおじ様らのユーモアも絶妙で楽しませてもらいました。
元警官が「これは正義だ」と誘拐した子供をかばおうとする青島に迫ります。犯人は、10年前に姉の子供が誘拐され、交渉が成立しそうな間際、上層部から規定によって交渉を打ち切られ姪を殺されてしまった刑事でした。彼は警察機構を恨み復讐しようとその時の交渉人だった息子を誘拐し殺害するつもりでした。青島は彼を逮捕した後、車中で「正義は胸にしまって置くものだ」と言うのです。
カッコイイ!正義を真正面から糾弾せずにさらっとかわして放たれたセリフにしびれました。夫にいわせれば結構珍しくもないとか・・・。でも滅多に観ないジャンルなので、私には新鮮に響きました。
小栗旬は「雨ときつつき」では気の弱い脚本家の役を観たばっかりで、今回は正反対の冷たく切れそうなキャリア組の役、香取慎吾も彼とは気づかず終わりごろに気づくことができました。
難をいえばラストがだらだら長すぎました。告発でマスコミに流れる場面で終わりにして、会見の模様をカットすれば幕切れが爽やかだったのではと思います。(ファイナルなので仕方ないのかもね)
 
邦画界もがんばっています!!
すみれさんと青島のべたべたしない関係も素敵なのは書くまでもないこと。
深津さんはデビュー当時から注目してたけど色んな役にも染まる女優さんですね。インタビューで「何色にも染まるように自分は白色」と言ってたのは本当でした。

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる