スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原田 マハ著「キネマの神様」

2012.05.30 15:50|
以前「映画の神様がいるんですね」と宵乃さんからコメントをもらい、「山の神様は知っていたけど、映画の神様も存在するなんて」と返信した覚えがあります。もしかするとこの本のことだったでしょうか?

 
39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語
 
 
暗闇の中にエンドロールが流れている。
観るたびに思う。映画は旅なのだと。
幕開けとともに一瞬にして観るものを別世界へ連れ出してしまう。エンドロールは旅の終着駅。訪れた先々を、出逢った人々を懐かしむ追想の場所だ。だから長くたっていい。それだけじっくりと思い出に浸れるのだから。
 
こんな書き出しで始まる小説の世界にあっという間に引き込まれ一日で読み終えてしまいました。本の中に登場する映画はほとんど観ていて、ああ映画好きで良かった、だから止められないのよねと心から思わせる本でした。
シネコンでかかる最近の映画についていけなかったり、安価を狙いDVDになるのを待ってレンタルしたりで、足が遠のいてしまっていました。劇場で観るのとは全然違うと分かっているのだけど・・・。当地にもマイナーな映画を上映してがんばっているセントラル劇場が残っています。ここが消えると寂しくなるのは私たち映画ファン。健気な女社長さんにも長くご無沙汰しているし、近々行ってみよう。
 
本自体はかなり甘い構成だという感想はぬぐえませんが、映画好きだったら許せるかな。
 

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。