イタリアドラマ『母の愛』をBSに録画

2012.02.28 16:04|
『母の愛』という邦題は解りやすいけれど、何ともお手軽なタイトルをつけたのだろうか。
原題は、イタリア語を直訳すると「私の家は鏡でいっぱい」となるらしい。原作はソフィアの妹マリーアが書いた(マリーアの結婚相手は、あのムッソリーニの息子・ロマーノ・ムッソリーニだった!史実)のだが、最後に謎が解かれる。女優ソフィア・ローレンの家族を描いた波乱万丈の物語で、ソフィアが母ロミルダ役を熱演している。かつては自分も女優になる夢を持っていたロミルダは、ソフィアが夢を実現するために、安ホテルに宿泊し、貧しい食べものを分け合い、マネージャ代わりとなって娘を売り込もうと日夜格闘する。ソフィア・ローレンは成功し世界的な女優となれたし、好きな女優の一人。
何せ時は1950年代のイタリアだ。現代だったらロミルダはもっと違う生き方ができていたかもしれないとも思える。本当に愛情の匙加減は難しい。
ロミルダが娘に注ぐ愛情は、母の愛を遙かに越えてしまっているようにしか写らなかった。残念ながら美しく感じられず、私の理解を超えている。私だったら耐えられなくて家出をしているところだ。あまりに支配的なため、周りを窒息させてしまうのだ。果たしてロミルダは気づいていたのだろうか?
子供に父親の姓を名乗らせるために、どんな手段を使ってでも認知させるという迫力は、まさに母の強さがあればだろうが・・・。
マリーアが父親に「母から離れて暮らしなさい」と言われ、別れ際に握手するシーンがある。金と名声を勝ち得たロミルダを利用する男の狡さも感じられる父親が、唯一父親らしい助言を娘にしている。
それにしてもイタリア男の尻軽さには辟易させられた。
 

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる