覚書き「RDG」

2012.02.09 15:36|

荻原さんは和のファンタジーを描けると期待している作家。レッドデーターとは絶滅危惧種という意味合いがあると、山で色んな植物に出会い知った。タイトルが「RDG」とは絶滅危惧種の少女とかいう意味合いだろうか、題にも触発され刊行後すぐ飛びついた。でも、「空色勾玉」「白鳥異伝」「薄紅天女」などの勾玉三部作や「西の良き魔女」などを読んだ時の衝撃がなかった。
知らない間に続巻が出ていて、今回再び挑戦したが、2巻目の途中でついに止めてしまった。読者年齢を下げたのだろうか、今までは大人が読んでも読み応えのあったのに残念だ。次作を楽しみにしましょう!
 
現在読んでいるのは「笑い三年、泣き三月」。直木賞受賞した『漂砂のうたう』は全然受けいれられなかったけれども、この作品はぐいぐい読ませてくれる。ファンになってしまいそう。新しいお気に入りの作家さんが出てくると嬉しくなる。
 

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる