DVD「ジュリエットからの手紙」

2012.01.31 16:10|

ニューヨーカー誌の調査員ソフィは恋人と婚前旅行で、イタリアを訪れる。ヴェローナには、『ロミオとジュリエット』のジュリエットの生家と言われる家があり、恋の悩みを綴ったジュリエット宛ての手紙が、世界中から届く。そこでは、“ジュリエットの秘書”と呼ばれる女性たちが集めた手紙に返事を書いていた。ソフィは偶然、壁の中に眠っていた50年前の手紙を発見した。
その手紙の差出人は、クレアという英国の女性だった。彼女は若い頃イタリアに留学中ロレンツォという青年と恋に落ちた。会う約束をしていたのに、両親の反対を恐れて帰国してしまったのだ。
その手紙を読んだソフィは、返事を書きたいと申し出る。
50年の時を経て、ジュリエットからの手紙を受け取ったクレアは、ロレンツォを探すために再びイタリアへやってくる。彼女の想いに感銘を受けたソフィと旅に反対するクレアの孫チャーリーも同行し、3人の旅が始まる。
 
“ジュリエットの秘書”と呼ばれる団体が実在するのなら何て素敵!しかも50年後に返事が届くなんて。同監督による“マンマ・ミーア”もそうだったが、女心を理解しくすぐってくれる。年配の女性達に勇気を与え元気付けてくれる監督だ。それに応えるように久しぶりに見るヴァネッサ・レッドグレイヴもキュートで柔らかい。クレアと孫・チャーリーとの関係も映画が進むに連れ解き明かされていく。時を超えた恋の結末と若い世代の恋愛が同時に進行していくのは予想できる展開だが、まんまと乗せられハッピーな気持ちにさせてもらえた。
ソフィがクレアに宛てた返事にも心打たれるものがあった。
恋の成就も捨てがたいが、どちらかと云えば、私はこの件で調査員から記者として認められたクレアの昇格が羨ましかった。ソフィを演じたアマンダ・サイフリッドの起用が良い。
 
 

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる