スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三上延作「ビブリア古書堂の事件手帖」

2012.01.25 15:01|

人を殺害したりして成立するミステリー物からは遠ざかって久しい。ミステリーは嫌いではないので寂しいと思っていたら、この本を読んでビブリオミステリなる(本にまつわるミステリ)ジャンルがあるのを知って嬉しくなった。ヤングアダルト系(こちらは好き)のノベライズと説明されていたため、今まで無視してきたのを反省させられた。ジャンルが広がれば「面白い本」に出合うチャンスもたくさんある。
 
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主栞子さんは若い女性で人見知りが激しいけれど、いったん本の事となるとスイッチがはいったようにテキパキと洞察し、古書にまつわる謎と秘密を解き明かしていく。
まさしく“古書と秘密”の物語なのだ。
第1話の夏目漱石全集にまつわる話から登場する五浦大輔。
彼は活字を読めない体質の体育会系男子でなかなか面白いキャラクター。縁あって「ビブリア古書堂」に臨時で雇われることになるのだが、そういう不思議な体質になった大輔のエピソードも心憎い。
第2話の小山清「落穂拾い・聖アンデルセン」にまつわる話もあったかくてロマンティック。初めて聞いた作家だった。この本読みたくなった。
 
 
 
 
 

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。