スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ロンダリング

2011.12.26 14:43|
映画「サンシャイン・クリーニング」で特殊清掃などと呼ばれる職種があるのを知ったのは初めてでしたが、自殺した人や分けありで亡くなった人の後に一定期間住み続け(ロンダリング)、次に部屋を借りる人が分からないようにする仕事があるのも知りました。

(※不動産賃貸においては、仲介業者には、自殺、他殺、変死などのあった事故物件はその旨を借り手に説明する義務がある。しかし、事件後1回でも入居実績があれば、説明義務は無くなるらしい)
 
主人公のりさ子もわけあって離婚。戻るべき家やお金がなく、手っ取り早く事故物件に住む仕事を選びます。転々と部屋をロンダリング(浄化)しながら孤独で無気力な毎日を過ごしますが、移り住んだ谷中の乙女アパートで出会った料理屋店主の亮や家主の真鍋夫人との出会いで、自分を取り戻していきます。
 
ちょうど読んでいる最中に、ラジオ番組で紹介された投書に現実にもあるのだとびっくりしてしまいました。東京で自死した息子が亡くなった傷も癒えぬ間に、不動産業者から慰謝料を家主に払って欲しいという通達が実家に来たという内容でした。
事実は小説より奇なり。
以前、途中まで読みかけた「源氏物語」にも、源氏が物語を論じている場面がありました。物語とは「日本紀」などとは違って事実ではない作り話に過ぎないが、却って事実としては現れない「真実」を描いていることもあるのだと、源氏が玉鬘に言って聞かせる場面です。
 
まるで不登校を繰り返す生徒に教師が促しているようにも聞える、雇い主の相場が慣れないりさ子にアドバイスした言葉が印象に残ります。
「いつもにこやかに愛想よく、でも深入りはせず、礼儀正しく、清潔で、目立たぬように。そうしていれば絶対に嫌われない」
厭味な忠告ですが、今の世情では残念ながら的を得ているともいえます。
真鍋夫人は魅力ある人生の先輩にも思えました。

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。