めぐり逢わせのお弁当

2015.07.30 15:51|



思い込みが激しいのは損をします。タイトルを聞いただけで単なる恋愛ものと疑わず今まで見向きもしなかった・・・。
「マダム・イン・ニューヨーク」「きっとうまくいく」などを観て、インド映画にかなりの偏見があったと分かっていたのに。主人公のサージャン(イルファン・カーン)が良い味を出していた。
インドの大都会ムンバイでは、ダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達人たちがランチタイムに弁当をオフィスに届けて回る。先ずこの弁当配達システムに驚いた!インドでは菜食主義者やイスラーム教徒など食に禁忌を持った人々が多く外食を嫌うため生まれた職業で、125年間続いているという。
配達業があったら時間に縛られず心ゆくまでこだわりのお弁当を持たせてあげられるのに~。
映画で語られていた「人は間違った電車でも正しい場所に着く」。
2人がどんな結論にたどり着くかは予想がつく。それを後押ししているのは彼の後釜に座った青年との交流。旧体制が牛耳っているインドとてもはや若い世代の台頭を止めることはできない。
『マダム・イン・ニューヨーク』は主人公・シャシの清廉さが魅力だったが、本作では初老を迎えようとする物静かなサージャンの真摯さに応援したくなりました。
インドはド派手なボリウッド映画ばかりでなく、色んなスパイスを効かせて作るカレーのようにコクのある映画も放出している!

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる