ココアを飲みながら

2011.10.07 13:36|
少し肌寒く感じられ、数日前戸袋の片隅に眠っていたココアを取り出した。インスタントではなくてピュア100パーのココアは封を切られず、そのまま私を待っていたみたい。まずココアに砂糖を加えてお湯で溶かし、たっぷりの牛乳で割った温かいココア。山に登るまではコーヒーがダメで、紅茶かココア党だったのに。
そのココアを飲みながら、歯ごたえのあるきらず揚げ(おからのかりんとうみたいなお菓子)をぽりぽり齧りながら本や映画を観る幸せ。昔、布団に転がりお菓子を頬張りながら本を読んでいると、いつも母に叱られていた。本を読んでいると怒られるので、隠れて読んでいた気がする。そのせいか、今でも読み耽っている自分に後ろめたさを感じてしまう・・・。
 

 
再見したキンキーブーツ、オーケストラ、ゴールデンスランバー
は、全部花丸をあげたいほどだった!
それに比べ、ブラックスワンは前評判を蹴落としたいぐらい好きではなかった×。
今、宮部みゆきの「木暮写真館」にはまっているのだが、主人公の高校1年生の花ちゃん♂を見ていて昨日の新聞記事を思い出した。
 
名前のある某コミック編集者が書いていたんだけど、一昔前まで漫画で描かれていた親は、子供の前に立ちはだかる壁だったのに、現在は反対に子供が親を気遣い健気な主人公になっていると言うのだ。(例えば、入院中の母を励ますために優勝するとか)、祖父母は裕福で物を買ってくれる人となっているそうだ。
 
しっかりしている花ちゃんがこれからどうなっていくのか読み終えないとわからないのだけど、好感持てる花ちゃんが少し可哀想な気もしながら読んでいる最中。
 
 

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる