ブログdeロードショー  ジョー・ブラックをよろしく

2015.12.31 11:25|映画
ジョーブラック

アメリカ 1998年製作

名優アンソニー・ホプキンスに気の毒と思えるほどの冗漫な作品でした。若かりし頃のブラッド・ピットを眺めているにはこれほどまでに時間は要らないのでは?「YES」と囁くような声で登場する死神など、おっ好きかも!と思わせるほど掴みは良かった。ブラッドピットとの出会いあたりまではフムフムという感じで我慢できた。でも、くだくだと話が一向に進展せずにしびれを切らされました。早送りボタンを2度ほど押しました(失礼)。
感情移入できる登場人物が独りもいなかったのも大きな理由です。苦手とするサスペンスだって、同情したりそれなりに同調できる部分があるんだけどなぁ~。
ファンタジー要素を取り入れるのだったら、死神のジョーの役柄をはっきりさせるべきじゃなかったのでしょうか。本人や家族を含め『死』と向き合う経験がある人にとって(私自身もそうだったから)、死期を告知され残された時間はとても大切です。まず死を受用することから始まり、ビルのように会社経営に直接関わる人など仕事処理に追われるでしょう。家族との別れも当然です。死神・ジョーはビルを助け支える一方で、ビルの愛娘・スーザンに初恋をし、それだけでなく彼女をも現世から連れ去るというのです。ビルは65歳という年齢で早死にー、それだけでも悔やまれるのに、死神が身勝手な衝動で愛娘をも共連れすると聞いて、親の気持ちは暗澹たるもの。ジョーは人間界に初めて降りた?今まで選ばれた人を誘う使命を何回かしているはずです。無理な設定としか言いようがない。本作では死神が初恋をするのが肝となるのでしょうが、私には、生に対する冒とく、死を軽んじているかのようで不愉快になりました。(ブラピが冒頭で演じた好青年が轢かれる場面は残酷で唐突すぎ)。しかもラストで彼をまた現世に戻すとは何事じゃ。人の生死を自由にできるのだったら、閻魔様に(違った、デビルか?)ビルの命乞いをしてもらいたかった。
病院での黒人女性との出会いは唯一救われるエピソードでした。
本作には元となっている1934年の映画『明日なき抱擁(en:Death Takes a Holiday)』があるとのこと。あらすじを目を通しましたが、こちらはそれなりに良いのではないかと思っています。
いつか観る機会があったら鑑賞しましょう!

1934年公開 「明日なき抱擁」のあらすじをムービーウォーカーより

人間が死を怖れ、生命を惜しむのは何故か、生きていることには何か非常な魅力があるに相違ない……、死神はその魅力を知りたいと思った。或る夜、死神はイタリアのカトリカにあるランバート公爵(サー・ガイ・スタンディング)の邸に姿を現し、自分が人間の姿を借りて訪れるから宜しく、と依頼し、若し自分が死神であると人に告げたら、ランバート家を全滅させる、と老公爵を脅して姿を消した。それから数日後、約束の刻限に死神はサーキ公爵(フレドリック・マーチ)の姿を借りてランバート公爵邸を訪れた。その時から地上では「死」の現象が消滅し、秋だというのに薔薇の花が咲き、エッフェル塔から投身した男が微傷も負わぬという有様だった。ランバート公爵邸に遊びに来ていた伯爵夫人のアルダ(キャサリン・アレクサンダー)とその友人の米国人ローダ(ゲイル・パトリック)は、サーキ公爵を死神とは知らず、その端麗な容貌に魅惑され、色々と彼の機嫌をとってもてなす。その様を恐怖の念に駆られながら見詰めていたのは、ランバート公爵だった。老公爵は、死神の復讐怖さに傍観するより術はなかった。サーキ公爵は彼女らと或いは賭博場に、或いは競馬場にと、歓楽の時を過ごしたが、賭博や競馬に勝っても少しも興奮を覚えず、人間の気狂いの様になって騒ぐのが馬鹿々々しいものにしか思えなかった。アルダやローダが色々と掻き口説くのも、うるさいばかりだ。サーキ公爵は退屈だった。その有様を見て老男爵チェザレア(ヘンリー・トラヴァース)が人生最大の喜びは恋であると教える。サーキ公爵の恋の冒険は、かくて始まる。しかしアルダやローダを相手には何の悦びもない。サーキ公爵としての最後の日も終わる頃、ロンバート公爵の息子コラード(ケント・テイラー)の許婚グラツィア(イヴリン・ヴェネブル)が、サーキ公爵の前に現れた。彼はランバート邸を初めて訪れた夜、彼女を見てその美しさに心を打たれたのだが、今再びグラツィアに接すると、激しい胸のときめきを感じた。グラツィアもまた、サーキ公爵に心を惹かれ、やがて真剣な恋を彼に捧げる。コラードの憂慮と老公爵の恐怖とをよそに、一途にグラツィアはサーキを恋い慕うのだった。しかし死神のサーキ公爵も、彼女の美しさを地上から抹殺するには忍びなかった。彼は自分は死神であること、自分を愛するには死ななければならぬことをグラツィアに告白して、彼女を地上に留まらせようとする。しかし、グラツィアの愛は絶対で、動じなかった。かくてサーキ公爵が暗闇の世界に戻る時、グラツィアの姿も地上から消え失せるのだった。

原題も面白いので比べてみました。
「明日なき抱擁」は「Death Takes A Holiday」(死は休暇を取る)、「ジョー・ブラックをよろしく」は「Meet Joe Black」直訳すればジョー・ブラックに会ってみて?
慣れない仕様に戸惑い、コメント返信に遅れまいと焦り不手際が続出しています。FC2はコメント投稿並びに返信など細分化されて結構気疲れしています。パソコン画面を見続け眼がしょぼしょぼ・・・(。>ω<。)ノ

感想に追記したいことがあったのですが、書きそびれていました。
鉦鼓亭さんのコメへ返信を書いていて、こちらにも貼り付けなくては片手落ちになると思いました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;

レビューを書く時間が取れなくて、まず自分が言いたいことから書いてしまいます。
それでつい貶めるような感想になってしまっていますが、2人のラブシーンはとても素敵でした! あのブラピの少年のような青い瞳は初々しくて、初めての経験にどきまきする鼓動がこちらまで伝わって来ました。 神々しさまで漂っているよう!相手役の女優さんも凛とした知的な美しさが感じられお似合いのカップルでした。 ここ数年観たベッドシーン中でベストワンぐらいに気に入っています。 だからこそ、整合性を高め時間を短くし見応えのある作品にして欲しかった私の切なる願いがこのような辛辣な感想を呼びました。
お含み置きくださいませ(。>ω<。)ノ。


☆彡仮の世に恋を知りたる死神よ 続く任務をいかで捌かむ

☆彡かりそめの恋しか知らずジョー ・ブラック



今回も知らなかった作品を観れ感謝しております!

コメント

Re: タイトルなし

鉦鼓亭さん、コメントをありがとうございました。
お言葉に甘えてレスが遅れましたことをお詫びいたしますe-415

> ヒロインが美しく可愛くて(整い過ぎてタイプと微妙に違うけど~全て主観(笑))、A・ホプキンスも良い味だしてたので、気になる所が幾つもありながら案外楽しく観る事が出来ました。

いつもレビューを書くのに時間が取れなくて、まず自分が言いたいことから書いてしまいます。
それでつい貶めるような感想になってしまっていますが、2人のラブシーンはとても素敵でした!
あのブラピの少年のような青い瞳は初々しくて、初めての経験にどきどきする鼓動がこちらまで伝わって来ました。
神々しさまで漂っているよう!相手役の女優さんも凛とした知的な美しさが感じられお似合いのカップルでした。
ここ数年観たベッドシーン中でベストワンぐらいに気に入っています。
だからこそ、もっと整合性を高める作品にして欲しかった私の切なる願いがこのような辛辣な感想になってしまったのです。

ああ、胸の裡を聞いてもらえてすっきりしました。
追記に書き足そうかな・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは☆

> まぁ死神自体実際にはいないので、私は絵空事として見ました☆

そうばっさり斬られると元も子もないのですが(笑)

>兼題が好みかどうかの違いで、皆が良かったの感想じゃつまらないと思いませんか。
>反対の感想を書けなくなったら出来レース試合になりさがってしまいますもの。
> ハイ、最初にこの企画を考えた時から「良くなかった」という感想を
> 書けない企画にしてはいけないと、そこはよくよく考えました。
> 皆さんご自身のご感想を自由に書いて下さり、感謝です☆

たとえ良くない感想を持っても、お題を提供された方の審美眼があったとか
ないとかの話では全く違いますものね!
決して自分では選ばない作品を、おかげで観ることができましたという気持ちが
あってのことだと理解してもらえれば嬉しいし、「そうかそうだったのか」と他の方々のレビューで気づけることも多々あります。

> miriさんの情報ではテープだったらあるようですね。
> 私が調べたのは、原語(英語)盤のVHSとDVDが(US)アマゾンで売っているという事です。
> 日本では今現在どちらも売られていないようですが、
> 1930年代の作品なら(よく見るので)もしVHSが昔にでもあったのなら
> 少しでもタイトルを聞いた事があると思うのですが、全然聞いた事がなかったので
> 多分、日本では今まで一度もソフト化されていない作品だと思います。

そういうことだったのですか。それだけ人気がない作品だったのですね・・・。

最後になりましたが「雨月物語」のmiriさんへのコメント返信が送れなかったので、一昨日に
追加記事で書いています。
お気づきになられたでしょうか?

しずくさん、こんばんは

感情移入できる登場人物が独りもいなかった>
ヴァルダ監督の「幸福」のように感情移入を拒否する作品なら別ですが、こういう作品で誰にも感情移入できないと辛いですね、それも3時間。
僕も青年の殺し方に不遜なものを感じましたが、取り敢えず美男美女の世界に浸っていました。
ヒロインが美しく可愛くて(整い過ぎてタイプと微妙に違うけど~全て主観(笑))、A・ホプキンスも良い味だしてたので、気になる所が幾つもありながら案外楽しく観る事が出来ました。
それでも、あのラストは受け入れられませんでしたけど。(笑)
(先付け、後付け、どちらから考えても無理が有って整合性がとれない、ファンタジーだからっていい加減でいい訳はない)

※レスはお時間に余裕の有る時で大丈夫です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは☆

>無理な設定としか言いようがない。

仰るとおりですネ~!
まぁ死神自体実際にはいないので、私は絵空事として見ました☆

******************************

横入りで失礼いたします☆

>兼題が好みかどうかの違いで、皆が良かったの感想じゃつまらないと思いませんか。
>反対の感想を書けなくなったら出来レース試合になりさがってしまいますもの。

ハイ、最初にこの企画を考えた時から「良くなかった」という感想を
書けない企画にしてはいけないと、そこはよくよく考えました。
皆さんご自身のご感想を自由に書いて下さり、感謝です☆

>miriさんの情報ではテープだったらあるようですね。

私が調べたのは、原語(英語)盤のVHSとDVDが(US)アマゾンで売っているという事です。

日本では今現在どちらも売られていないようですが、
1930年代の作品なら(よく見るので)もしVHSが昔にでもあったのなら
少しでもタイトルを聞いた事があると思うのですが、全然聞いた事がなかったので
多分、日本では今まで一度もソフト化されていない作品だと思います。


.

Re: こんにちは!

> 本当に長かったですよね~、せめて1時間削って欲しいです(笑)
> 初見時は私も感情移入できなかった気がしますが、今回は長女に目が行きました。お父さんが大好きで、構ってもらいたくてつい過干渉になってしまったと心の内を吐露するところがぐっときます。
> 旦那さんもいい人でしたし。

そうですね・・・。
彼女の気持ちがわからないでもないけど、それほどまで父を好きだったら父親の趣味や雰囲気などもっと彼が望むものがわかるんじゃないかな?おいおいという感じでした。気に入られないと泣いてしまうのはお嬢様育ちのようで年甲斐もないような気がしたけれど・・・。

> たぶん彼は世の理の一部として、息をするかのように意識する事なく仕事をこなしてきたんでしょうね。
> 人間とは根本的に違って時間の感覚がないか、あっても違うと思います。
> 生命誕生から現代まで、ほんの一仕事だったのかもしれない…。

それはそう理解しましたよ。
でも引っ掛かるんだなぁ~
観客が死を宣告された父親側に立つか、見送る側に立つのかで感想が違うと思いました。
幸か不幸か、私は宣告された側に居たことがあるので、死神と聞いただけで怖い!
あの世へ優しく誘(いざな)ってくれる天使がいたらどんなに心やすらかに闘病できたことでしょう。
ビルが65歳という設定はあまりにも身近すぎました。

> ブラピが冒頭で演じた好青年が轢かれる場面は残酷で唐突すぎ

想像力たくましい宵乃さんの妊娠説を読ませてもらいました。
ちょっと説明不足で私の受け取り方が間違ってたらごめんなさい。
でも、母性本能で生き返らせるのは承服しかねます。
母性本能に恵まれない環境と遺伝子を受け継いでいるせいか、母性本能そのものに猜疑心がある私ですから(笑)

> あまりお気に召さなかったようですが、ご参加下さりありがとうございました♪

いえいえ、とんでもないです。
色んな作品を知る機会を与えてもらって感謝しています。
兼題が好みかどうかの違いで、皆が良かったの感想じゃつまらないと思いませんか。
反対の感想を書けなくなったら出来レース試合になりさがってしまいますもの。

> ところで「明日なき抱擁」のあらすじですが、ムービーウォーカーって結末まで全部書いてあるサイトですよね?
> 未見の方がネタバレと思わず読んでしまう可能性もあるので、いちおうネタバレがあると注意書きをされた方がいいかもしれません。

死期が訪れた家ではなく何でもない家に現れた死神の設定と、連れていくかいかないかのラストの違いをはっきり知ってもらうために敢えて紹介しました。
楽天でレンタルしようと調べましたが無理な作品でした。miriさんの情報ではテープだったらあるようですね。

こんにちは!

本当に長かったですよね~、せめて1時間削って欲しいです(笑)
初見時は私も感情移入できなかった気がしますが、今回は長女に目が行きました。お父さんが大好きで、構ってもらいたくてつい過干渉になってしまったと心の内を吐露するところがぐっときます。
旦那さんもいい人でしたし。

>ジョーは人間界に初めて降りた?今まで選ばれた人を誘う使命を何回かしているはずです。

たぶん彼は世の理の一部として、息をするかのように意識する事なく仕事をこなしてきたんでしょうね。
人間とは根本的に違って時間の感覚がないか、あっても違うと思います。
生命誕生から現代まで、ほんの一仕事だったのかもしれない…。

>ブラピが冒頭で演じた好青年が轢かれる場面は残酷で唐突すぎ

ここはホント、2回も!?と驚きました。
ブラックな作品を見慣れてるので、コメディかよと思ってしまったけど、けっこう悪趣味ですよね。
ラストで戻ってこないか、助かる見込みがありそうな事故にすればいいのに…。

あまりお気に召さなかったようですが、ご参加下さりありがとうございました♪

ところで「明日なき抱擁」のあらすじですが、ムービーウォーカーって結末まで全部書いてあるサイトですよね?
未見の方がネタバレと思わず読んでしまう可能性もあるので、いちおうネタバレがあると注意書きをされた方がいいかもしれません。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる