最近観た映画と本のあれこれ

2016.01.24 16:16|映画
DSC05278.jpg
(ワイヤープランツ)
地方都市のレンタルショップにネオリズム作品として置いてあった後の2作は「白い酋長」と「終着駅」。前者はネオリアリズムとはかけ離れていると思ったのでレビューはやめました。後者は、雪の影響による交通ストップを危惧して観ずに早めに返却。(ポールさんのブログで不倫物と知り気持ちがしぼんでしまった・・・)。観たい作品が店に無く消化不良となるはずでしたが、何と図書館に閉架DVDとして「無防備都市」があり期待しています。
『ネオリアリズム映画の目的は、第2次世界大戦下および直後の現実とその社会的問題を忠実に記録的に表現する点にあった。ロケ本位、非職業俳優の起用などの記録映画的手法は特徴的』
となると、入手できる作品では「無防備都市」が一番近いかもしれません。

インサイド・ヘッドは新聞の映画評で好評だったからかなり期待して観ましたが・・・。
子供向けには難解、かといって大人向けにしてはくだけ過ぎといった感想で、最後までのれませんでした。
ヨロコビとカナシミの関連性
何となく分かるけど煙に巻かれたみたいで釈然としない。説明不足。ヨロコビが軽っぽく共感できずに最後まで消化不良に終わりました。
GONE・GIRL
予想通り私には全く向かない作品でしたヽ(`ω´*)ノ彡☆。

浪華古本屋騒動記
これが織田作之助賞受賞作品だなんて信じられない!?読解力が減退してきたのかと心配になり、あれこれ検索した結果、似たような感想が結構多かったのでひと安心(ノ∇≦*)。

コメント

Re: こんばんは☆

> この作品は上映時間と映画の中の時間が同じ、
> 89分で進んでゆき、そういう作りの他の映画と比べても
> 本当に秀作なので、「不倫物」のひと言で見ないのは
> 本当に惜しいと思います!
> 今回はご縁がなかったのでしょうけど、
> いずれいつか・・・と、お薦めいたします☆

miriさん、貴重な情報をありがとうございます。

「終着駅」を特別不倫物として毛嫌いしたわけではなく、返却日が迫っていて(大雪で交通網がストップしたら多大な延滞金がかかるので)早めに返したのが主な理由なの。(本当に大雪で3日ほど降込められて良かったのです)
上映時間と映画の中の時間が同じ89分で進んでゆく構成とは面白そうですね。
機会があればまた挑戦したいと思います!

miriさんのアカデミー外国語映画賞のレビューで、1994年に「太陽に灼かれて」が受賞しているのを知りました!
こちらもありがとうございました。
 

こんばんは☆

しずくさん、もう2月になってしまいましたネ~!

1月もずっと、記事やコメントを読ませて頂いていたのですが、
直接お話するのは今日が初めてで、仰天です!!!

>(ポールさんのブログで不倫物と知り気持ちがしぼんでしまった・・・)

「終着駅」という作品は名作なので、いつか是非、と思います。
主人公の2人の関係は不倫をしていたのですが、
その不倫現場(?)は一切出て来ないし、
主人公2人以外の皆さんはたいへんに良いですし、

それに、この作品は上映時間と映画の中の時間が同じ、
89分で進んでゆき、そういう作りの他の映画と比べても
本当に秀作なので、「不倫物」のひと言で見ないのは
本当に惜しいと思います!

今回はご縁がなかったのでしょうけど、
いずれいつか・・・と、お薦めいたします☆

(主人公2人の事は、私も、ものすごく気に入らないです
 ただ、目をそむけるような、そういう嫌な場面は一切ありません)

長々失礼いたしました☆
今後もどうぞ宜しく~!!!


.
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる