スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追記 それでも目をそらさずに 『無防備都市』

2016.01.31 15:36|映画

イタリア
1945年製作
監督:ロベルト・ロッセリーニ
出演:マルチェロ・パリエーロ
   アンナ・マニャーニ
1946年カンヌ国際映画祭グランプリ(パルムドール)受賞作品


いかなる理由があれ、戦争は絶対にやってはならないと肝に銘じられる作品でした。
後半部に入りいっそう気が滅入る暗欝な展開が待っていました。(時折り神父の茶目っ気さに笑ってしまうシーンがあり救われてたんですが)それだけにラストの神父が処刑されるシーンに愕然となりました。肩を落とし絶望してその場を去って行く少年たちに、ロッセリーニ監督は殺された指導者や神父の魂が受け継がれ、次世代のレジスタンスが現われると暗示したのでしょうが、言葉を失わずにはいられません。
描かれれたのは1943年、ムッソリーニ失脚後、ナチス・ドイツ占領下にあったローマ。第2次世界大戦・枢軸国(ドイツ、イタリア、日本)の中で、先に連合軍に追い込まれ休戦下にあったファシスト・イタリアでは、対独レジスタンスによる地下活動が熾烈でした。普通の市民による日常的なレジスタンス、残酷非情なゲシュタポ(秘密警察)の執拗な家宅捜査や連行、残忍非道な拷問、子供たちまで戦線に係らずにはいられない状況は観ていて耐えられません。
ゲシュタポでのマンフレディの拷問シーンで、いかに戦争が不毛な戦いであるかを両者から語らせていたのは秀逸。ベルクマンは、一気にマンフレディに口を割らせようと、部下に激しい拷問を命じ、マンフレディが口を割るだろうと自信たっぷりです。彼のセリフに「もしマンフレディが喋らなかったらイタリア人もドイツ人と対等という事になる。そして種族としての優劣に差、人間としての能力の差がないという事になる。そうなればこの戦争の意味も失われる」があります。
ところが、彼の予想を裏切るかのようにマンフレディは一切吐かずに死にます!もう一人囚われた脱走兵も拷問に耐えられず仲間を裏切るのを怖れ自決しています。
ネオリアリズムの原点とも云える作品だと思います。
今まで見逃してきた素晴らしい名作を3作観る機会を与えてもらえて本当に良かった!
「死ぬのは難しくない、生きるのが難しい」とは、銃殺される前に神父が言い残した言葉です。
観終えてしばらく時間を置き、この言葉が重く受け止められてきました。
「意味」や「価値」とは暫定的なもので、正しい考え方とか真理はある一定の条件でしか成り立たない。どれが正しい生き方で間違っているかなんて、長い歴史上から照らし合わすと分からないものです。
でも人は生まれ落ちたその時代で生きなければならない・・・。
いつか友人が言っていた
「その人だけにもたらされる、それぞれの人生の六味を、 苦酸甘辛鹹(かん)淡を深く味わうだけの力が欲しいと思う」を、
思い出しています

コメント

こんにちは。

こちらはまだ戦時中でしたので、いろいろと重いシーンがありましたね。

そんな中で、時折見せる神父のユーモラスは、ほっとできるシーンを作り出していましたが、それだけに辛いラストとなりました。
肩を落として去る子供たちに、死ぬ前の神父の一言「死ぬことは難しいことではない、生きることのほうが難しい」が届いてほしいと思います。

でも、それは次の世代のレジスタンスになるだけではないと思いたくもあります。
このままだと目には目を、歯には歯をの戦争が続きそうだから…。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> この映画でわすれちゃいかんのは、ピーナやピエトロ神父やマンフレディが死ぬ原因となったのは、
> 「子供たちが恨みを晴らすため勝手に行った爆弾テロ」
> だということでしょうね。そしてその統領格の少年は、戦争で片足を失っている、という……。

ラストに向かい展開があまりにも息苦しく、つい見落としそうになりますよね。
ポルポトの子供兵士や中国・文化大革命による紅衛兵、自爆テロなど子供たちは、思想教育でより残忍な行動を取ってしまいます。

>「レジスタンス側」のほうも持っている、ひとくくりに正義とはいえない業のようなものを感じました。

正義は、真実と同様に一つではないー、
ひとくくりは争いが発生するすべての源となりますもの・・・。



Re: おはようございます

> しずくさんの感想を読んだら内容がほとんどわかったから、もう観なくてもいいかも。
> 三作目もご参加ありがとうございました。

そうですか・・・。
でも、それぞれ感じ方が異なるので、自分の目で確かめた方が良いと思いますe-119

次回はファンタジーですね!

この映画でわすれちゃいかんのは、ピーナやピエトロ神父やマンフレディが死ぬ原因となったのは、

「子供たちが恨みを晴らすため勝手に行った爆弾テロ」

だということでしょうね。そしてその統領格の少年は、戦争で片足を失っている、という……。

そこらへんに、「レジスタンス側」のほうも持っている、ひとくくりに正義とはいえない業のようなものを感じました。

ほんと戦争はいかんです……。

しまった、告知の方を忘れてました

来月は恒例の「真冬のファンタジー」企画です。
期間は2週間後の2月12日(金)からですので、よかったら観たいファンタジー映画を探しておいて下さい。
ではでは~。

おはようございます

こちらも重そうな作品ですね~。
多少ユーモラスなシーンもあるみたいだけど、その分ラストの重さが後を引きそうです(汗)
しずくさんの感想を読んだら内容がほとんどわかったから、もう観なくてもいいかも。
三作目もご参加ありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無防備都市

希望を捨ててはいけない。何があっても。 1945年(ROMA,CITTA,APERTA/OPEN CITY)製作国:イタリア監督:ロベルト・ロッセリーニ原作:セルジオ・アミディ、アルベルト・コンシリオ製作:ペッピーノ・アマート製作総指揮:脚本:フェデリコ・フェリーニ、セルジオ・アミディ…
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。