雨の日にシェルブールの雨傘

2015.06.30 16:53|



『シェルブールの雨傘』と云えばあの甘く切ない映画音楽で一世を風靡した作品です。若い頃あまり好きになれない女優さんだったので観なかったのですが、カトリーヌ・ドヌーヴがこんな役回りをしていたなんて驚き!
名前が残る有名な作品だし、梅雨時期に鑑賞するのも良いかと軽いノリで観始めたので、期待しなかった分、得させてもらいました。「全編が歌で!」なんて最後まで持つのかの懸念材料も、冒頭に「ミュージカルよりオペラが・・・」のセリフが盛り込まれていて監督の意気込みにほだされてしまいました。
でも、実際ジュヌヴィエーヴとギィが歌うシーンには、観る年齢が遅すぎたのかしら殊更心揺さぶられませんでした。ジュヌヴィエーヴが高らかにあなたを愛してると歌い上げても妙に白けてしまうのは何故だろう。一途というより、大好きなおもちゃが手に入らない駄々っ子のような恋だったからかも。
その点、華麗なドヌーブの美しさの対比にあるようなマドレーヌが、さなぎが殻を破るように魅力的な女性に変貌していくのが印象的でした。ラストのエピローグで2人の女性が登場しますが象徴的に描かれていると思います。
ジュヌヴィエーヴの母親のエムリ夫人も捨て置けない人物でした。
「恋で死ぬのは映画のなかだけよ」と娘を諭すなかなかの手腕家。望まれているとは云え、妊娠している自分の娘を嫁がせようとするのですから大したものです。彼女とカサールと交わされる会話に微妙な勘違いを見せたりするのも面白い。娘にほれ込んだカサールを「男」と見込んで、娘とともに経済的に危うい自分をも守って欲しい目論見があるようでもあり・・・。
ですが、私には全然責める気もなくこれもありだろうと思えます。色んな生き方があって、これが正しいとか間違いとかはないのだろう。おそらく若い時だったらこんなふうには思えなかったでしょう。
調べたところによると、監督・脚本のジャック・ドゥミの作品には、「実らぬ初恋」と「私生児をもつ母」というテーマが根底に繰り返されるらしいのです。実際ドゥミは近所に米兵の子をみごもった幼なじみが居たとあります。(ドゥミの妻であり監督でもあるアニェス・ヴァルダが撮った追悼映画『ジャック・ドゥミの少年期』より)
『シェルブールの雨傘』には前篇となる『ローラ』の作品があると知りました。ここに、本作の主要人物である宝石商のロラン・カサールの青年時代が描かれていて、カサールは米兵の子をみごもって捨てられた幼なじみ・踊り子ローラに恋をするのです。『ローラ』では、私生児の母ローラのもとに、初恋の相手であり子供の父親であるミシェルが現れ、カサールは失恋する件となるらしい。本作でエムリ夫人に話すシーンがありました。
結果的にはジュヌヴィエーヴとギィは自分にあった伴侶を得たのではないでしょうか。




コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる