スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翼を持つ少女BISビブリオバトル部

2016.05.07 12:08|

 

中高一貫の美心国際学園(BIS)で、SF小説を大好きな十五歳の内気な少女・空。ノンフィクションが好きでSFに理解のない同級生・武人からビブリオバトル部に誘われます。個性的な五人の仲間と活動を始めるが……。紹介書籍は多種多様、三度のビブリオバトル・シーンも臨場感たっぷりです。


最近、めきめき脚光を浴びて来たビブリオバトルです。

ビブリオバトルとは自分の好きな本を人前で紹介するというもの。昨日もラジオでやっていました。

装丁がラノベっぽくて誤想されがちですが、ビブリオバトル部員のそれぞれが取り上げた書籍は多方面に渡っていて興味深い作品が多々ありました。映画やコミックにしても同じく、偏見は自分の楽しみを閉じてしまい狭める結果になるので自分が損するだけで実にもったいない。亡き武人の祖父の書庫にあった旧いSF蔵書。それを見つけた空が感嘆の声をあげて一冊づつを手に取り解説していく所にドキドキ。もっと読んでおけば良かったジャンルだったと後悔するほど。フィクションの面白さを伝えようとして、ノンフィクション一辺倒の武人にターゲットを向けビブリオバトルが展開されていくのが良かった。

顧問の朝日奈先生が「世の中で最も危険な思想は、悪じゃなく、正義だ」という言葉にとても共感を覚えます。正義の旗を振りかざすと、同じ考え方でないものを一方的に攻撃し他を受け入れられずに、最も排他的になる怖れがあるからです。

山本弘さんは初めて知った作家さんでしたが、予想以上に深さがある本でした。


コメント

No title

へぇ、ビブリオバトルというのがあるんですね。
ラジオはニュースと天気予報しか聞かないから知りませんでした。
自分の好きな本の魅力を熱く語る部活ですか~、見た目は地味だけどそういう青春も素敵です。
表紙もかわいらしいですね。

ところで、6月もブログDEロードショーを開催します。
作品は『映画に愛をこめて アメリカの夜』
問題だらけのスタッフたちを抱えて始まった、映画撮影の風景を描いたフランソワ・トリュフォー監督の作品です。
お時間ありましたら、6月も一緒に映画を楽しみましょう♪
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。