ブログdeロードショー ミロクローゼ

2016.12.19 17:31|映画

2011年 監督石橋義正

花屋に勤めるユリに一目ぼれしたタモンは、なんとかユリの気を引こうとするが、ある日突然ユリは強盗に連れ去られ姿を消してしまう。ユリを捜し求めるタモンはやがて時空を越え、波乱万丈の冒険を繰り広げる。主演の山田孝之が金髪おかっぱ頭の外国人、浪人、愛の伝道師という1人3役をこなし、3部構成でストーリーが展開。


途中を早送りして何とか最後まで持たせました。本作がお題でなかったらとっくに投げ出していたのは間違いないかも。(ファンの方にはゴメンナサイ!)ラストまで不愉快さを引き摺って観てしまいました・・・。

おそらく、私には不向きな映画なんでしょう。

ラブファンタジーで、ミロクローゼとは太陽を意味すると解説にあるけれど、どぎつい化粧やケバい雰囲気にはなじめません。監督は恋愛をしない若者に向けて「もっと恋をしよう」とのメッセージをこめたと話していますが、私だったら却って恋に尻込みしてしまいそうです。

ただ、ストーカーが圧倒的に男性に多いという疑問は少しとけたような気がしました。

もう一つの作品に期待します!




コメント

Re: No title

> こんにちは。私も同じくこの作品は肌に合いませんでした。化粧きつかったですよね…

レビューを書き終わりアップしていいのか躊躇してしまい、皆さんの感想を読ませてもらいました。
似た感想の方もいらしてほっとしたのは本当・・・。
私のみがついて行けていないのではと危惧したからです。

> 「その夜の侍」が楽しめるといいですね~!

これ、昨日観終えています。
とても良い作品だと思えました。
今日は忙しかったので、記事は2、3日中には書くつもりでいます。

No title

こんにちは。私も同じくこの作品は肌に合いませんでした。化粧きつかったですよね…。
まあ、すごく人を選ぶ作品なので仕方ないと思います。
観て、記事も書いて下さってありがとうございました♪
「その夜の侍」が楽しめるといいですね~!
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる