スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログdeロードショー「真冬のファンタジー企画」第2弾 ATOM(アトム)吹き替え版 

2017.01.27 11:32|映画

無題


原題 Astro Boy
製作年 2009年
製作国 香港 アメリカ


夢のような空中都市、メトロシティ。天才科学者テンマ博士は事故で命を落とした愛息、トビーの身代わりにと最新型ロボットを作る。姿はそっくりで記憶もトビーのまま。仲間のお茶の水博士が開発した<ブルーコア>という究極の未来型エネルギーをアトムの体内に搭載した。でも結局はロボット、息子の代わりにはならないとテンマ博士は彼を追い出してしまう・・・。
居場所を求めやってきた地上で、ロボットの出自を隠そうとするが自らを「アトム」と名乗った。新しい仲間もでき、父と別れた寂しさを抱えながらもたくましくなっていく。そんな頃、メトロシティのストーン大統領は<ブルーコア>の軍事利用を目論み、アトムの捜索を始める。捕らえられテンマ博士と再会するアトム。メトロシティと地上を巻き込んだ壮絶な戦いが始まる。


昨年の12月号『新潮』に手塚氏が描いていた未発表のイラスト29点が初公開され、手塚氏への興味が刺激された。イラストにはネズミのような耳を持つ人間の女性がベッドで体を捩らせるカットのほか、裸の女性がコイに変身するイラストなどエロスが喚起される作品が並ぶ。彼といえば、文部省推薦のような健全な作品がポピュラーだが、実は学生時代から大人向けと子供向けの両方を使い分けていた。メルモやリボンの騎士など、あの時代にはかなり衝撃的な物を描いているのだ

新年の新聞は私が読んだ3紙ともAIを取り上げた記事が圧倒的に多かった。

ロボット社会がもうそこまで来ているのだと感じずにはいられなかった。

以上が「アトム」を選んだ理由です。

アトムは妹が好きだったテレビ番組。私は仕方なく横で観ていたため、アトムと御茶の水博士が出ていた事や、ウランちゃんが歩く時にきゅっきゅっと床に響く音しか覚えていない。どんな敵と戦ったのか、詳しいストーリーはほとんど記憶に残っていない。

アトムってあんなに大人びていたっけ、もっと幼かったのではと自らの記憶を疑いつつ、結構引き込まれて観た。

観終わって検索したところ、やはり手塚治虫氏の原作『鉄腕アトム』よりも年齢を12、3歳に引き上げているようだ。

ロボットに対する差別などのエピソードの中に親子愛も深く描かれていた。最愛の息子を失ったテンマ博士の悲しみや過ち、アトムのロボットとしての切なさなどが含まれていて見応えがあった。親子間の葛藤や愛情を軸に、権力を握る悪との戦いもあり放棄されたロボットや子供たちとの間に芽生えた友情も本作を盛り立てている。


コメント

miriさんへ

>同じ内容の番組があって(NHK)興味津々に見ました。 知らないことも多かったです。

たぶん、同じ番組だろうと思います。途中から私も観て、最初から観れなかったのがとても残念だったの!手塚氏は文部省推薦の御仁との思い込みが強かったので新しい発見でした。

>弟と一緒に夕方の番組を見た記憶がありますが、
やはり低学年時、もう記憶は薄らぼやけています

そうそう、土曜日か日曜日の夕食時でしたね!
その日は早めに夕食を母にお願いした記憶があります。
そのあとでウルトラマンじゃなかったっけ?
逃亡者も控えていたゴールデンタイム・・・。

ATOMは手塚氏の原作に基づいての話しだったのですが、イマジ社とのやりとりが再三行われた末に本作が誕生したらしいのです。

>この映画そのものではなく、アニメを見ていた時代に夢見ていた
未来に、今が、なっていないことばかり考えてしまいました。。。

me too!

今からmiriさんのを読ませてもらいます!

「ミッドナイト・イン・パリ」再見のきっかけになれて良かったです。

コメントありがとう

> お、2作目はアトムですか。私は漫画を少し読んだことがあるだけですが、ロボットと言えばアトムというくらいイメージが定着してます。

宵乃さんもそうなのね。

> ロボット社会…ワクワクしつつも不安が。いったいどんな未来がやってくるんでしょうね。
> なかなか見ごたえある作品だったようでよかったです。

アトムをテレビで観ていた小学校時代とは思いもしなかった違った形でロボット文化が来るなんて・・・。
単純に明るくて便利な時代の幕開けとばかり想像していました。
現実は複雑でこみいっていました!

こんにちは☆

この映画は6年前に見て、記事もあります。
URLに入れました。
詳細は覚えていませんが、全体の流れ等は分かる・・・と思います。

>昨年の12月号『新潮』に手塚氏が描いていた未発表のイラスト29点が初公開され、手塚氏への興味が刺激された。イラストにはネズミのような耳を持つ人間の女性がベッドで体を捩らせるカットのほか、裸の女性がコイに変身するイラストなどエロスが喚起される作品が並ぶ。

この件、読んではいませんが、同じ内容の番組があって(NHK)興味津々に見ました。 知らないことも多かったです。

>私は仕方なく横で観ていたため、アトムと御茶の水博士が出ていた事や、ウランちゃんが歩く時にきゅっきゅっと床に響く音しか覚えていない。どんな敵と戦ったのか、詳しいストーリーはほとんど記憶に残っていない。

私は何回目かの再放送に当たると思いますが、
弟と一緒に夕方の番組を見た記憶がありますが、
やはり低学年時、もう記憶は薄らぼやけています。

>観終わって検索したところ、やはり手塚治虫氏の原作『鉄腕アトム』よりも年齢を12、3歳に引き上げているようだ。
>ロボットに対する差別などのエピソードの中に親子愛も深く描かれていた。

何というか、違和感はありましたが、
これはあれとは別物って思いました。

この映画そのものではなく、アニメを見ていた時代に夢見ていた
未来に、今が、なっていないことばかり考えてしまいました。。。


追伸:
「ミッドナイト・イン・パリ」再見しました。
ほぼ覚えていた通りで、感想も特には変わらなかったですが、
タイムトラベル以外のエピソードが、いかにもアレン監督らしくて
笑えてきました、同じような作品をいくつも見たような気がして(笑)。

やはり時間旅行のあれこれが上手で、
ラストシーンは良いのではないかな?って納得できました、

良い再見の機会を、有難うございました☆


.

No title

お、2作目はアトムですか。私は漫画を少し読んだことがあるだけですが、ロボットと言えばアトムというくらいイメージが定着してます。
ロボット社会…ワクワクしつつも不安が。いったいどんな未来がやってくるんでしょうね。
なかなか見ごたえある作品だったようでよかったです。
2作品目もご参加ありがとうございました♪
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。