あん

2017.02.13 17:18|映画

あん 映画


2015年河瀬直美監督

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

観るつもりは毛頭なかったけれども、たまたまオンエアーされていて録画してしまいました

ハンセン病に対する差別は本での知識やマスコミが大きく取り上げて解っていたつもりだったが、映像にされたことで、より患者さんらの苦悩が深く伝わり心揺さぶられた。やはり映画の持つ影響力は大きいと新たに感じずにはいられなかった。

本作の持つ独特な世界観は嫌いではない。桜の樹々を渡る風の音や餡に寄せる徳江の想い、千太郎の抱えた暗い過去など。しっとりと穏やかに語られ流れていく影像。豪華キャストを揃え巧い俳優さんらの中で、希林さんの孫にあたる内田伽羅さんも初々しい。”どら春”オーナーを演じている浅田美代子さんが、デビュー当時の「みよちゃん」からは想像もつかないほどベテランの域にのぼってきているのも嬉しい。

でもなぁ~、終盤になるに連れ、あなた方は観なくてはいけないのですよ、知るべきですよのmust感が押し出されて来るとたまらない。徳江の友人・佳子(市原悦子さん)が登場してきて一気呵成で進んだ。中盤ぐらいまでの匙加減で終わったら、もっと素直に観れたかもしれない。ラストがあまりに唐突過ぎて、千切れてしまい興醒めしてしまった。千太郎が吹っ切れて生きていくのを表わしたかったのだろうが、私的にはもっと繊細に描いて欲しかった。

この手の作品を創るのはとても難しいのだろう。




もう一つのブログ(晴山雨読ときどき映画)にハンセン病患者でもあった歌人・明石海人さんを紹介しています。良かったらこちらも読んで戴ければ幸いです。

たまたま出会った歌でした。

この浦の木槿花咲く母が門(と)を夢ならなくに訪はむ日もがな」

海辺にほど近い生家では今ごろ木槿の花が咲いているだろう。ああ、母さんの住む家を訪ねて夢でなくほんとうにあいたいものだ というような意味あいの歌です。会えない理由があるのだろうか、しかも男性が・・・。母親に会えないのは戦地に居るからなのか、しかしそれも違う気がする


http://blog.goo.ne.jp/33bamboo/e/4fac161df633cee938def95e4acdb1b9


コメント

Re: No title

コメントありがとうございました。

> 邦画に多いですよね~。押しつけがましいと逆に反感を買ってしまうのに。まあ難しい題材なので仕方ないのかな。
> そこをいくと、短歌などは限られた言葉だけで伝えようとするからこそ、必要なことをスッと伝えられるのかもしれませんね。

同感してもらえてよかった!

> ところで、今月もブログDEロードショーを開催いたします。
> 作品は「人魚伝説(1984)」。池田敏春監督によるバイオレンスアクションです。
> 期間は3月3日(金)~5日(日)までなので、ご都合がよろしければ一緒に映画を楽しみましょう♪

バイオレンスアクションって、果たしてどんなかなぁ~!?

> あと、また企画のやり方を少し変更しますので、告知記事をご確認下さい。

は~い、今からお邪魔します!

No title

こんにちは。
一応気になったんですが、他と被ってて録画できなかったんですよ。あと、どら焼きが嫌いなのも少し(笑)

>終盤になるに連れ、あなた方は観なくてはいけないのですよ、知るべきですよのmust感が押し出されて…

邦画に多いですよね~。押しつけがましいと逆に反感を買ってしまうのに。まあ難しい題材なので仕方ないのかな。
そこをいくと、短歌などは限られた言葉だけで伝えようとするからこそ、必要なことをスッと伝えられるのかもしれませんね。

ところで、今月もブログDEロードショーを開催いたします。
作品は「人魚伝説(1984)」。池田敏春監督によるバイオレンスアクションです。
期間は3月3日(金)~5日(日)までなので、ご都合がよろしければ一緒に映画を楽しみましょう♪

あと、また企画のやり方を少し変更しますので、告知記事をご確認下さい。
http://anoken.blog18.fc2.com/blog-entry-1599.html
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる