松本侑子著 『みすゞと雅輔』

2017.07.07 14:01|

book1357.jpg


なぜ金子みすゞは自殺したか。大正ロマンと昭和モダンの時代を生きた詩人の光と影。実弟・上山雅輔の日記に基づく、画期的伝記小説!国民的詩人・金子みすゞはいかに生きたのか。実弟・上山雅輔の目を通して描く、画期的伝記小説! 実の姉と弟でありながら、金子家と上山家で別々に育てられたみすゞと雅輔。互いを深く理解し、芸術を愛する友として過ごした青春時代、そして内に秘めたる恋心。姉はなぜ自ら死を選ぶこととなったのか――。後に脚本家となる雅輔が残した日記を読み解き、大正ロマンと昭和モダンの時代を生きた詩人の光と影に迫る、衝撃のドラマ。



1、 みすゞは童謡詩人として知られているが、私が知っていた『童謡』と本書で語られている『童謡』とは多少違った。童謡は大正中期から昭和初期に白秋、八十らがそれまでの文部省唱歌を批判して作成し運動によって普及させ、文芸的要素を多く含んでいたらしい。しかし童謡は読む文芸から唄う音楽となっていく。だから、金子みすゞさんの詩集を知り、童謡というより詩人のイメージが強く”童謡詩人”と呼ばれる所以が理解できた。


2、 雅輔が15歳の時に影響を受けた詩も印象的だったので掲載します。


只一人(後藤静香作 詩集『権威』より)


人生は

只一人行く旅ぞ。

最後の頼りは

淋しくとも自分だけである。

只一人行くべき自己と知ったとき

どうして粗末にされようぞ。

どうして充たさないでよかろうぞ。

どうして高めないでよかろうぞ。

3、みすゞの才能を最初に見つけた西條八十氏がヨーロッパ留学を機に衰退していく童謡を離れ、時代が戦争に呑み込まれる中で戦時を称えるような作風となり、終戦後は流行歌の作詞者として名高くなっていく変遷も興味深い。

4、実際は弟だった雅輔とみすゞの2人の関係性は複雑だっただろう。お互いライバルで励ましあいながら才能が開花しそうになると妬ましくもなる・・・。九州の片田舎では書籍や映画の話をできる者も少ない。

養父の松蔵は雅輔が放蕩しても不本意ながら経済的な援助を続けた。雅輔もみすゞの夫だった敬一も苦しくなると花街へ出かける日々ー、みすゞの周りの勝手な男どもに嘆きたくなる。

みすゞの世界はあまりにも狭すぎた。仙崎と下関から飛び出していたらもっと彼女の才能は羽ばたけただろうにと臍を噛む思い。みすゞが今の時代に生まれていたらとも考えたが、雅輔の妻になった容子は違う生き方。雅輔は妻・容子と娘らと共に劇団若草を立ち上げ、みすゞの遺稿集を出版し、世にみすゞの存在を知らしめている。



コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる