不可解だった星の子

2017.08.13 13:26|


主人公・林ちひろは中学3年生。
出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく


本の帯には『大切な人が信じていることを、わたしは理解できるだろうか。一緒に信じることが、できるだろうか』と問いかけてあった。

私だったら、友人や隣人があやしい宗教を信じているからと言って彼らを非難はしないが、積極的に関わろうとしないだろう。でも、信じる宗教で自分の家族が散りじりになっていくのを黙って見過ごすことはないだろう。昔からお母さんと仲が良かった叔父さんが、ちひろの両親を目を覚まさせようとあれこれ手を尽くしたように頑張ると思う。(両親は叔父さん一家と絶交する)

だから、ちひろの友人の恋人が宗教の研修旅行に同行して、みんなの前で披露した言葉は理解できない。「ぼくの好きな人が信じているものが一体なんなのか知りたくて、今日ここにきました。ぼくは、ぼくの好きな人が信じるものを、一緒に信じたいです。……それがどんなものなのかまだ全然わからないけど、ここにくればわかるっていうんなら、おれ来年もここにきます」

ちひろの姉は家を出てしまう。

ラスト、親子3人で流れ星を観るシーンが暗示しているようだった。ちひろに見える流れ星は両親には見えないのに、両親に見える流れ星はちひろには見えない。信じるものが同じで寄り添っていても難しい。両親の想いがわからないわけではないが、ちひろや姉が社会的にそれなりの制裁を受けているのに、気づかずにただ信じ切っている両親の身勝手さを感じてしまった。

宗教を扱うなら、先日観た『P.K』の切り口が私にははるかに合っていた。


コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる