奇跡は創るもの!

2015.02.27 11:06|




時は1950年台。父は戦死し母は重篤な入院患者ー、となれば子供は孤独な影が投影する繊細な少年が相場だろう。ところが本編の主人公ラルフは、今時の思春期真っ最中の少年そのものだった。カトリック学校に通ってはいるけれどどちらかといえば不信心で、性の目覚めに一直線の彼の日常。前半は彼が仕出かすエピソードが吹き出す勢いで描かれている。時に、女性の御洒落心を褒める気遣いや髪の抜けた母親にスカーフや花をプレゼントするなどの面も持ち合わせている。赤いジュースをそっと紅に見立て母親の唇を塗らすシーンは何ともいじらしい。
母が死ねば天涯孤独の身、でも能天気かつ天真爛漫さはきっと生来のものなんだろう。暴走気味?のラルフ君に圧倒されます。
ところが、母がこん睡状態に陥り「お母さんは奇跡が起きない限り目を覚まさない」と宣告される。一方、学校では罰として入部させられたクロスカントリー部でも「君がボストンマラソン大会で優勝することは奇跡に近い」と云われた。
さて、ラルフはどうしたのか?
ラルフはふたつに共通する奇跡という言葉にピンと来た!
きっと、ラルフの頭には、母が目覚める=奇跡、僕が優勝する=奇跡、ならば僕が優勝する=母が目覚めるという図式が閃いたのだろう。あっと驚かされた。一見短絡的な発想みたいだけど無鉄砲ではない。それって使えるよラルフ!
私自身『奇跡』の対語は何だろうと考えた。たぶん当たり前みたいな意味合いで『普通』とか『常識』あたりだろう。
誰もが考える常識的なトレーニングをしたって優勝なんて叶わない。それをはるかに超えるトレーニングを積み重ねれば可能だとラルフは疑わずに信じるのだ。彼の強みはやり始めたらとことんやっちまうところ。
凡人はマネしちゃいけないよ。ラルフだからこそできるのだ。だってラルフはかなりぶっ飛んだ奴だと前半で証明ずみだから。
となるとコーチが必要だ。クラブの顧問・ビバート牧師は元マラソンランナーで有望な選手だったらしい。膝の負傷だけでなく走ることを禁じる宗派のために、彼は走るのを断念していた(ヒェーッ、そんな縛りもあるんだね)
ボストンマラソンに参加を認めない校長とやりあうビバート牧師のセリフはかっこいい!
 「実はラルフに会うまでは何も信じていませんでした。でも今はこう思えます。
 この世を去る時、神がお尋ねになる『危険を冒したことは?』『光が見えずとも跳んだことは?』『目を閉じて運を天に任せたことは?』
今の答えは、いいえ ありません。だから目を閉じます」
ラルフが2位でゴールする設定に巧妙さを感じた。母親もこん睡状態から目覚めたかもしれない、あともう一息という映像で収めてあった。2位の結末は、観客に色んな思いを想起させたにちがいない。私には、奇跡はそうそう起きないが、がんばり次第で近いところへ行けるという希みを持たせてくれた。奇跡はあきらめないこと。ラルフは果敢に示してくれたと思う。ラルフが自分の人生を自らの足で歩もうとしている限り大丈夫。
各章ごとに設けてある聖歴?が機知に富んだ演出でした。
看護師のアリス(ジェニファー・ティリー)もユニークな存在。











コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる