FC2ブログ

ブログdeロードショー 美女と野獣

2017.12.18 17:51|映画

2017121210002810a.jpg


原題Beauty and the Beast
2017年アメリカ作

進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。


前評判が良かったのでかなり期待して臨みましたが・・・。観終えてみて、今までのディズニーとの違いははっきりしませんでした。

ディズニーの世界を受け入れるには年を取り過ぎたのかな!?

呪いが解け、ベルと呪いをかけられた野獣が結ばれても定番過ぎるラストにフムフム。それに比べ、仕えていた家来たちが時計や置物、コーヒ―カップやお皿から人に変わっていくシーンに新鮮な感動を覚えました。幼い頃には家来たちに及んだ不幸まで配慮できなかったのです。

もうひとつの疑問も解消しました。村人たちが住む場所には雪の一欠けらもないのに、beastの棲む城に雪が降っているのはどうしてという疑問。きっと罪を背負う人物や魔女は厳しい環境に住まわされている心理描写からなのだろうか。小さい頃には不可解だったけれど、登山を趣味としている現在は、垂直分布の観点から、人里離れたお城は聳える山に建っているので平地とは気象条件がかなり異なる。雪が積もっても不思議ではない。科学的な根拠に基づいていると納得できました。

クリスマスに向け華やかな時間を持てたのはラッキーです。

同監督・ビル・コンドンの最新作『ドリームガールズ』はどうなんだろう?


※『Beauty and the Beast 』『美女と野獣』というタイトルは昔から好きではない。あまりにも無神経なタイトルじゃなくって?

コメント

Re: No title

> 私もあの城は結界のようなもので囲まれてるんだと思いました。雪が降ってるのは、心を閉ざした野獣の心情を表してるのかと。

そうそう。それだけでなく、今回は科学的根拠も見いだせて良かったと思っています。

> 個人的には、魔女は亡くなった二人の母の思いを汲んで、子供たちが真実の愛を見つけられるよう試練を用意したのかなと思いました。アニメ版では母親のエピソードはなかったと思うし、魔女の存在も語られるだけだった気がするので…。

アニメ版をほとんど観ていないのだけど、母親のエピソードはなかったような気がします。

> 確かにそうですよね。しかも、ベルという名前は「美女」という意味なんだそうです。そのまんまかい!(笑)

ベルという名前は「美女」! この辺りは昔型の典型的なお伽噺そのものですよね。
幼い頃は特別美人じゃなかったら心が奇麗美人を目指せば素敵な恋に巡り合えると、少女心をくすぐられ
中年では「そんなのありかいな、やはり人は見た目を優先するよ」
今じゃ笑ってやり過ごす。勇敢に成長を遂げましたよ(笑)

No title

私もあの城は結界のようなもので囲まれてるんだと思いました。雪が降ってるのは、心を閉ざした野獣の心情を表してるのかと。

個人的には、魔女は亡くなった二人の母の思いを汲んで、子供たちが真実の愛を見つけられるよう試練を用意したのかなと思いました。アニメ版では母親のエピソードはなかったと思うし、魔女の存在も語られるだけだった気がするので…。

そう考えるとベルが来るのは決まっていたことで、それまで村人との無用な衝突を避けるために、魔女が魔法で雪を降らせて人避けをしていたようにも思えました。わざわざ王子だけでなく召使たちについての記憶まで消してましたし。

>あまりにも無神経なタイトルじゃなくって?

確かにそうですよね。しかも、ベルという名前は「美女」という意味なんだそうです。そのまんまかい!(笑)

Re: こんばんは。

白くじらさん、コメントをありがとうございます。

> 城や周囲の森が雪に包まれていたのは、周囲からの記憶から消えたために魔法的な結界が張られていたのではないかと、漠然と思っていました。

そうそう、私が感じたのも結界めいたものです。結界の表現がぴったりですよね。

> ただ、あまり高いと村から城が見えそうですが。

確かに、城は見えてなんぼですものね。

残念ながらアマゾンのアフィリエイト・アカウントは持っていません・・・。
物品を購入する際のアカウントIDではないですよね。

Re: No title

> 自分たちが元に戻るために、ウムをいわさずベルをお妃にしようとする、お前らは自分のエゴイズムのためには少女の幸せなんかどうでもええんか、と(^^;)

実は私も映画を観始めた頃ははそうでした。だからポールさんの気持ちが全く分からぬでもありません。
ところが、ラストで呪いが解け人に戻っていくたび、彼らの手放しの喜びを前にして、皆自分が可愛いいのは当然だろうと受け入れられる心境になりました。日本にしたって、昔から伝わる民話は結構残酷であからさまにエゴをむきだしにしたストーリーが多いですよね。
河合隼雄さんの著書を読んで(タイトルは忘れました)なるほどと思えた記憶がよみがえりました。
記憶に間違いなければ、むごいストーリーがあるからこそ子は親の世代を越えていけるのだというような~

> この映画だと魔法がかけられているのは城と村とがセットで、村人たちもこの城に招かれていた客が魔法によって村人だと思っていたということなので(ラストシーンを解釈するとそうとしか思えない)、魔女さん、えらいことするなあ、と。

なるほど、城と村がセットで呪いがかけられていたのか・・・。
ラストシーンが良く分かりました。ありがとうございました。

こんばんは。

ちょっと本編が暗かった分、ラストの呪いのとけるシーンが明るくってとてもよかったですね。
こういう呪いのとけるシーンというのは定番ではありますけど、やっぱり面白いですし安堵感もあり、感動します。
ただ、思っていた感じの人ではなく、時代のせいか風変りの人ばかりで驚きました。(^^;

城や周囲の森が雪に包まれていたのは、周囲からの記憶から消えたために魔法的な結界が張られていたのではないかと、漠然と思っていました。
その割には、雪原を不思議だと思わないような演出だったので、どうなっているんだろうって…確かに山であればあり得る話なんですね。ただ、あまり高いと村から城が見えそうですが。

でも、雪が出てくると一気にクリスマスっぽくなりますね。(^^)

No title

というかこの映画見て最初に腹が立ったのは家臣たちなんですよね(笑)

自分たちが元に戻るために、ウムをいわさずベルをお妃にしようとする、お前らは自分のエゴイズムのためには少女の幸せなんかどうでもええんか、と(^^;)

アニメだと気にならないんだろうけど、これは実写だから非常にイライラした(笑)


それとこの映画だと魔法がかけられているのは城と村とがセットで、村人たちもこの城に招かれていた客が魔法によって村人だと思っていたということなので(ラストシーンを解釈するとそうとしか思えない)、魔女さん、えらいことするなあ、と。

そこらへんもこの映画に腹が立った理由であります。

うむむ(^^;)

ご丁寧にありがとうございました

>ディズニーアニメ「美女と野獣」ファンの為の実写版だったのかなァ

たぶんそうでしょう!
製作サイドは「美女と野獣」ファン以外のファンを取り込もうなんてさらさら思っていなかった。
それを理解して観ると違う感想になるでしょうね。

>これに懲りず、これからも宜しくお願い致します

好きか嫌いかは好みの問題ですからちっとも気になさらずに!

話は変わりますが、違う映画の記事に添えてある歌は返歌して下さったのよね。ありがとうございました。

昨夜「スノーデン」をレンタルdvdで観て衝撃を受けております。またまた書き残しの記事が増えそうで困ります。

ありがとうございました!

 しずくさん、こんばんは

今までのディズニーとの違いははっきりしませんでした。
>皆さんの反応を見ると、これって、ディズニーアニメ「美女と野獣」ファンの為の実写版だったのかなァ。
僕は変にいじらなかったのが良かったんだけど。

クリスマスに向け華やかな時間を持てたのはラッキーです
>そう言って頂き救われた気分です。(汗)

これに懲りず、これからも宜しくお願い致します。
非公開コメント

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる