メッセージ Arrival

2018.02.06 15:18|映画

2016年 アメリカ

監督


巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。



SFファンタジーとしてチョイス。

今まで観てきた地球外生物とは異なる雰囲気のエイリアンの出現でした! 

全体的に木の幹が想像され足は木の根が8本ぐらい伸びている風で好感が持てます。円盤状だった乗り物は巨大な柿の種の形をした殻のような物体。描き方の違いに時代が変わったと思わずにいられません。

冒頭はルイーズの娘が亡くなったシーンから始まり、まもなく彼女が大学で教鞭を取る場面に変わります。娘を失い新たな生活をスタートさせ、時折り織り交ぜられるぼやけたシーンは過去を回想しているのだろう。しかし夫の姿も見えない・・・。シングルマザーだったのか?疑問を抱きながら観ている間に、もしかするとこれは回想ではなく未来ではないかと推測されます。

『オデッセイ』もそうだったけれど、中国が鍵を握る役回りなんです。今後、世界の危機を救うヒーローは中国と描かれる気配が濃厚です。

表意文字と称される彼らの言葉はユニークな円形状。とぎれとぎれにしか分からなかった単語の羅列がしだいに解析されていきます。彼らは言います。「私たちはいつか地球の助けが必要となる」。それまで地球人には滅んで欲しくないから「武器を与える」と。これで衝撃が走り臨戦態勢が取られます。が、しかし武器とは破壊する銃や核ではなく「言葉」だとルイーズらはつきとめます。

もっとわかり易い構成にしたら伝わったのにともったいない気がします。

原題のタイトルはarrivalで来着、登場、出現の意味会いがあります。メッセージと邦題にしたのも悪くない。

コメント

非公開コメント

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる