FC2ブログ

メッセージ Arrival

2018.02.06 15:18|映画

2016年 アメリカ

監督


巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。



SFファンタジーとしてチョイス。

今まで観てきた地球外生物とは異なる雰囲気のエイリアンの出現でした! 

全体的に木の幹が想像され足は木の根が8本ぐらい伸びている風で好感が持てます。円盤状だった乗り物は巨大な柿の種の形をした殻のような物体。描き方の違いに時代が変わったと思わずにいられません。

冒頭はルイーズの娘が亡くなったシーンから始まり、まもなく彼女が大学で教鞭を取る場面に変わります。娘を失い新たな生活をスタートさせ、時折り織り交ぜられるぼやけたシーンは過去を回想しているのだろう。しかし夫の姿も見えない・・・。シングルマザーだったのか?疑問を抱きながら観ている間に、もしかするとこれは回想ではなく未来ではないかと推測されます。

『オデッセイ』もそうだったけれど、中国が鍵を握る役回りなんです。今後、世界の危機を救うヒーローは中国と描かれる気配が濃厚です。

表意文字と称される彼らの言葉はユニークな円形状。とぎれとぎれにしか分からなかった単語の羅列がしだいに解析されていきます。彼らは言います。「私たちはいつか地球の助けが必要となる」。それまで地球人には滅んで欲しくないから「武器を与える」と。これで衝撃が走り臨戦態勢が取られます。が、しかし武器とは破壊する銃や核ではなく「言葉」だとルイーズらはつきとめます。

もっとわかり易い構成にしたら伝わったのにともったいない気がします。

原題のタイトルはarrivalで来着、登場、出現の意味会いがあります。メッセージと邦題にしたのも悪くない。

コメント

No title

いらっしゃいませ、バーンズさん!
コメントをありがとうございました。

> 最初は見事に回想形式だと思っていました

誰だってそう思わずにはいられませんよね。
時間空間を旅して、死んだ娘と逢う展開になるのかとも推測したり。すべてがはずれちゃいました。
観た後で、原作となった「あなたの人生の物語」も読みかけたのですが、ついていけず断念しています。
原作者はSF作品でかなり受賞していました!

>「グレートウォール」もそうでしたし
> 「グランドイリュージョン2」も中国(マカオ)が舞台でした
> その傾向はこれからも、どんどん強まると思います

確かに中国が世界に大きな影響を及ぼす存在になってきているのは間違いないのですが、
映画界が忖度しているようにも見えて嫌な気分です。

エイミー・アダムスの『魔法にかけられて』は好きなんです。
ファンタジーでこちらを再見しようかとも思ったぐらいです。
『サンシャイン・クリーニング』『ダウト』も面白く観ました。

北海道にお住まいなのですね。
こちらは九州からの発信です。
これからもよろしくお願いします

No title

はじめまして
ブログDEロードショーに参加させていただいてる
バーンズと申します

僕もこの作品を見て、素晴らしく感動したのですが
最初は見事に回想形式だと思っていました

最近は中国絡みの作品が本当に増えましたね
「グレートウォール」もそうでしたし
「グランドイリュージョン2」も中国(マカオ)が舞台でした
その傾向はこれからも、どんどん強まると思います

中国映画界は美男美女が多いし
僕も好きな役者は何人かいるので、その点は嬉しいですが
複雑な気分もありますね
非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる