スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブログdeロードショー」 雲のむこう 約束の場所

2015.01.29 16:39|


今回の「ブログdeロードショー」はファンタジーアニメが課題!?苦手なお題目が連続となり、今回も自身の記事はスルーして他の方々のを読ませてもらおうかなと腰が引けていました。 しかし日本のアニメはレベルが高いのだからと思い直し、レンタルショップでいつもは踏み入れないアニメ部門をチェックすることにしました。まず常連のTSUTAYAから2件目にゲオへ。ゲオのアニメコーナーは明るくて充実していました。読みたいコミックがDVD化されているのに驚き、ジブリやディズニーしか知らない私は、これも面白そうあれもと引き込まれたのは本当です。
その中で『新海誠監督』の名前を発見。あの「言の葉の庭」←(こちらに感想)の監督さんじゃなかったけ。この作品は大好きだったので、SFファンタジーっぽいけれど挑戦してみることにしよう!
津軽海峡をはさんで南北に分断占領された日本が舞台。北海道はユニオン軍に占領され、「蝦夷」という名称に変更されているらしい。そのシンボルとして天空に伸びる巨大な塔「ユニオンの塔」に、主人公のひろきとたくやは自ら造った飛行機でいつか行く夢を持っている。そしてさゆりも連れて行くと約束をした。ユニオン軍の正体について映画の中に説明は全くされていない。(観た後で検索した結果、1956年に北海道はユーラシア大陸の全共産国家を統合する「ユニオン圏」に統合され、1975年に本州との国交を断絶した設定)。つまり日本はユニオン軍支配下の蝦夷と米国が占領する本州とに分断されているらしい。アメリカ対ソ連の構図は旧いと思っていたら、この映画の製作は2004年でした。
「ユニオン」までは面白そうでしたが「平行宇宙」とか、3年間こん睡状態になっているさゆり、その彼女の脳と宇宙とのからみが解説不足のまま展開されていく。
さゆりが目を覚ますためには海の向こうのユニオンの塔に連れて行かなければならない。大人になった2人は中学の頃の約束を果たすために、自分たちで飛行機を作り、危険を冒して塔へと出かけ、最後には爆弾で破壊して世界を救いさゆりが目を覚まします。不可解な言葉が邪魔をしたままエンドを迎えさせられた・・・。不満が残ります。
それでも、校舎や日の陰った教室、部活、通学時の2人歩き、雨など懐かしい記憶が想起されるような映像はやはり素晴らしく、9年後に創られる「言の葉の庭」を予感させるものが確かにありました。宮沢賢治の詩やバイオリンの奏でる音色も、色褪せていく青春の欠片を煌めかせていたと思います。
無理してノスタルジアを感じようとしているのかな、私?

コメント

Re: こんばんは☆

コメントをもらって嬉しいです。

> 何かと話題の監督さんで(オンエアがあったので)今回初めて見ました☆

今、「君の名は」で話題になっている新海監督さんですよね。
『日本のアニメーション監督としては宮崎駿に続いて2人目となる興行収入100億円の大台を突破した』と、昨日のニュースでも紹介されてました。
「言の葉の庭」の映像が素晴らしく気になった監督さんでしたが、この作品で完璧にコケてしまい後はないと思った私めでした(笑)・・・。

> やはり分かりやすく作る事は、大事なことだと思います☆

そ、そうですよ!

> それが3人とも18歳の設定なのですよね~高3。
> それなのに親等が全く出て来なくて・・・

そうそう、私もなんで両親が描かれていないのかが気になりました。

> そういう大人の感じでやりたいのなら、せめて大学生、納得できるなら社会人でなければならないですよね~ファンタジーにそういう事を求めてはいけないのかもしれないけど、かなり引っ掛かりました。

大学生以上の年齢設定が相応しいです。

> 私は「絵」も、素晴らしいと思えなかったんですよね~
> 監督が“自分の描きたいものを描き込んだ”感じが強くて

“自分の描きたいものを描き込んだ”感は確かにぬぐえませんねぇ~。
本作は彼にとって初の長編作品なので大甘だったかも!?

> 宮沢賢治の詩やバイオリンの奏でる音色も、色褪せていく青春の欠片を煌めかせていたと思います。
> わざとらしかったです。
> 何から何まで期待外れでした(笑)。

それはそれは。

> 今年話題の作品等、色々と評判の良い方ですが、今後・積極的に見たいとは全く思えず・・・笑。
> 声優も顔が見えるおっさん2人で、がっかりでしたね~もうちょっと若い人にさせないと、18歳なので(笑)
> 何か良い事がひとつも書けなくてすみませんでした~。

「すみませんでした」は無用ですよ(笑)

映画のタイトルミスのご指摘ありがとうございます。
目が悪いのとおっちょこちょいで良くやらかしてしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは☆

何かと話題の監督さんで(オンエアがあったので)今回初めて見ました☆

>「ユニオン」までは面白そうでしたが「平行宇宙」とか、3年間こん睡状態になっているさゆり、その彼女の脳と宇宙とのからみが解説不足のまま展開されていく。

このあたり、サイテ―でしたね~笑。
やはり分かりやすく作る事は、大事なことだと思います☆

>大人になった2人は

それが3人とも18歳の設定なのですよね~高3。
それなのに親等が全く出て来なくて・・・

そういう大人の感じでやりたいのなら、せめて大学生、納得できるなら社会人でなければならないですよね~ファンタジーにそういう事を求めてはいけないのかもしれないけど、かなり引っ掛かりました。

>不可解な言葉が邪魔をしたままエンドを迎えさせられた・・・。不満が残ります。

ラストも全然良くなかったです(笑)。

>それでも、校舎や日の陰った教室、部活、通学時の2人歩き、雨など懐かしい記憶が想起されるような映像はやはり素晴らしく、

私は「絵」も、素晴らしいと思えなかったんですよね~
監督が“自分の描きたいものを描き込んだ”感じが強くて
まるで学生の作った作品のようで、よくお金取るよね?と思いました。

>宮沢賢治の詩やバイオリンの奏でる音色も、色褪せていく青春の欠片を煌めかせていたと思います。

これもわざとらしかったです。
何から何まで期待外れでした(笑)。

今年話題の作品等、色々と評判の良い方ですが、今後・積極的に見たいとは全く思えず・・・笑。
声優も顔が見えるおっさん2人で、がっかりでしたね~もうちょっと若い人にさせないと、18歳なので(笑)。

何か良い事がひとつも書けなくてすみませんでした~。


.
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。