宵乃さんへの返信 本「さよならのあとで」について

2015.01.13 18:33|
 
今日「さよならのあとで」の本を再度見たくて街の書店まで出かけました。「あしたから出版社」に、「さよならのあとで」を出版するにあたって、イラストレーターの高橋和枝さんと濃密な時間が長く交わされたのを読んで、彼女の絵を見ながら詩をもう一度味わいたかったのです。残念ながら本は売り切れていました。
でも、YouTubeに高橋さんのイラストも含めて紹介されていて良かった!
島田さんが高橋和枝さんを是非にと名指された理由が分かります。最初は色づけで描かれていたのを、島田さんがモノクロでお願いしたそうです。簡素なイラストが詩の邪魔をしないで程よく寄り添っていると思いませんか。
 
親しい名前で呼んでください。 あなたがいつもそうしたように 気軽な調子で話しかけて
あなたの声音を変えないで。重々しく、悲しそうな不自然な素振りを見せないで。
 
 私の名前がこれまでどおりありふれた言葉として呼ばれますように
 私の名前がなんの努力もいらずに自然にあなたの口の端にのぼりますように
 私の名前が 少しの暗いかげもなく 話されますように
 
そして最後の1行の締めが
「すべてはよしですだなんて!
 
「さよならのあとで」は、思いがけず東日本大震災で被災した人々にたくさんの勇気を与えた1冊となりました。
  

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる