FC2ブログ

ホラー2作目 さざなみ

2019.08.16 15:57|DVD
著者 :
TCエンタテインメント
発売日 : 2016-10-05
結婚45周年を祝うパーティを土曜日に控え、準備に追われていた熟年夫婦ジェフとケイト。ところがその週の月曜日、彼らのもとに1通の手紙が届く。それは、50年前に氷山で行方不明になったジェフの元恋人の遺体が発見されたというものだった。その時からジェフは過去の恋愛の記憶を反芻するようになり、妻は存在しない女への嫉妬心や夫への不信感を募らせていく。平凡だが幸せな毎日を送る熟年夫婦ジェフとケイト。そこに亀裂が入っていく1週間のドラマ。
『さざなみ』の原題は“45years”。結婚して長年連れ添った夫婦の時間が45年ということだろう。1通の手紙が引き金となり、ケイトが死んだ過去の女への嫉妬に苦しみ築いた生活を壊していく様が1週間、章ごとに曜日で撮ってある。1通の手紙で45年の蓄積された信頼関係がわずか1週間で崩れていく、これをホラーと云わずに何と呼ぼう。

ケイトを演じているのが、あのシャーロット・ランプリングと知り久しぶりの邂逅に胸躍らせた。「愛の嵐」に残る強烈な印象はナチス帽に裸サスペンダー、そして焦点の定まらない瞳だった。
ケイトにとって、50年前に夫が恋人と登山に行き恋人が事故で死んでいたという話は初耳。屋根裏にしまった古い写真を見て、恋人のお腹には子供が居たことも解った。ケイトとジェフの間に子供は授かっていない。ケイトは「もし彼女が生きていたら彼女と結婚していた」と問い詰める。その質問はタブーだろう。ジェフはこともあろうか「していた」とはっきりと答えたのだ。ジェフさんよ、正直者であれと思いあがるな。妻を思い遣るならきっぱりと嘘をついてあげるべきだった。過去の恋愛は誰だってある、でも過ぎた恋愛話と本音を洩らしたらいけないねぇ。長年夫婦をやっているからと胡坐をかいたんじゃねえの。
疑心暗鬼だったケイトの表情が硬く強張っていくのはこのあたりから。「幸せ」だと思っていた“45年間”は思い込みだったのか、虚ろに映る2人の生活。
ランプリングが巧いんです! 
イギリスには結婚45周年を祝いパーティを開く風習があるのだろうか。そこで、ジェフは涙ながらに「様々な選択をしてきた中で、自分にとって“最高の選択”はケイトと結婚したことである」とスピーチする。 今のジェフの心情に嘘がないのは解る。ジェフよ、遅いんだよ、取り返しがつかないの・・・。目の前のケイトに改めて感謝の念が湧いたと言っても、感謝と愛は違うでしょう!?もはやケイトの心は閉じたままで響かない。ケイトの感情を押し殺した冷たい目は不気味だ。パーティのラストダンスで彼女は自分でも思いもよらない行動を取ってしまう。


コメントをやり取りして、後から気付いたことを書き加えます。

感想ではジェフだけをやり玉に上げているように思われるかもしれませんが、取り上げた気遣いは家族や友人、恋人や夫婦、隣人、同僚などの親しい関係を結ぶ相互にあるべきだと思います。慣れ親しんだ間柄になるとありがちな落とし穴。水くさいといわれるかもしれないけれど、線引きが難しくそれを越えるととんでもないことになる。古風な云い回しにある「親しき仲にも礼儀あり」でしょうか。それなりの良識と心遣いが大切で、決して胡坐をかいてはいけないと改めて自戒しました。

コメント

Re: こんにちは☆

> モヤモヤ感の強い作品ベスト10に入りそうです(笑)。

分からぬ感想でもありません! 返信はmiriさんとこへ書きますねぇ~

こんにちは☆

これは昨年のお正月明けに見ました☆
変な映画でしたね~!

>1通の手紙で45年の蓄積された信頼関係がわずか1週間で崩れていく、これをホラーと云わずに何と呼ぼう。

そういうふうにとらえれば良かったんですね!
目からうろこです!

ランプリングさんも夫さんもお上手でしたね☆
でも、内容的に誰に何を訴える作品か、イミフで、
モヤモヤ感の強い作品ベスト10に入りそうです(笑)。


.

Re: No title

> あっと!
> 今、このコメント書いてる最中、しずくさんからのTBのお知らせが来たーー(*^。^*)
> ありがとうございます!

私も先ほどから、latifa さんへTBされたたくさんの記事を読んでいたところです。
皆さん、似た様なことを感じてらっしゃんたんだなぁ~。
いいぞ、いいぞ「me too!」だ。「煙が目にしみる」も聴きましたよ。

No title

しずくさん、こんにちは!
これ、私も見ました。
怖いですよねー

近年のシャーロット・ランプリングお姉様、品が良い怖い女性をいつも魅力的?に、演じられていて、大好きで、追ってしまっています。

若い頃の彼女より、最近の役どころに、ソソられています。

あっと!
今、このコメント書いてる最中、しずくさんからのTBのお知らせが来たーー(*^。^*)
ありがとうございます!

Re: No title

> やはり人間同士の確執が一番怖い気がします。身近に起こりうることだからかな。

そう思ってもらえて嬉しいです。普通の暮らしで起こり得るものが、もしかすると自分の身にもふりかかると
想像するだけで寒気がしますよね。どちらかと云えば、女がそう思いがちというのは癪に障るのだけれど(笑)

No title

これは怖そうですね~。
やはり人間同士の確執が一番怖い気がします。身近に起こりうることだからかな。
2作品目もご参加ありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「さざなみ」感想

凄く楽しみにしていた映画。 公開当時、近くで上映してくれなくて、レンタルを待ち望んでいました。
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる