FC2ブログ

gifted/ギフテッド

2019.10.02 13:47|DVD
gifted/ギフテッド

フランクは、姪で7歳のメアリー(マッケンナ・グレイス)とフロリダの小さな町で生活している独身男性。平穏に過ごしていた彼らだったが、メアリーにある天才的な能力があることが判明する。フランクは彼女に普通の子供と同じように育ってほしいと願っているが、彼の母エブリン(リンゼイ・ダンカン)は二人を引き離してメアリーに英才教育を受けさせようとする

メアリーはフランクの姉の子ども。姉・ダイアンは天才数学者として将来を嘱望されていたが自ら命を絶ってしまった。姉はフランクに「メアリーを普通の女の子として育てて」と言い残していた。それを守り育てていたが、姉弟の母であるイブリン(数学者)がメアリーの天分を見抜き、孫娘を引き取って英才教育を受けさせようとする。その姪をめぐって祖母と息子が法廷で争うことになった。
祖母の厚かましさと学歴至上主義には辟易したがそれ以上に驚いたことがある。
弁護士が親権を失うかもしれないフランクに里親制度を利用するように提案、経済的にも家庭環境でも不利と考えたフランクは渋々受け入れ里親に預けるシーンがある。
もし、日本だったらそんな提案が提示されるだろうか?里親制度もままならないのだろうが、血縁関係による解決法が一番とされている風潮が根強くあるような気がする。子供虐待事件の報道を聞くたびに、解決法を家族外に探っても良いのではと更に思わされる本作だった。

コメント

Re: 猫

ありがとうございました!
スッキリしました。

そうでしょうね。
猫を追い出したことを知ったフランクは、もしかしてイブリンが里親の家に入り込んでいるのかも、と思ったわけなので、追い出し張本人はイブリンということに。
イブリンが猫嫌いだったかどうかは、もはや記憶外(苦笑)。

Re: 里親

> 第三者的立場の「里親」をもってくるのは、私も、そういう方法があるのか、と思いました。
> でも、本作は、そこで不正みたいなことが起きたわけですが。

ちょっと目を離してしまいわからなかったのですが、祖母が里親に猫を追いやるようにしむけたのですか?

> 子役がらみの映画は、見る側の気持ちが入りやすいので、佳作になりやすい気がします。

ポーさんは子好きな方なのですね!

里親

どちらの親権者にもスムーズに決まらないような場合に、中間地点というか妥協点というか第三者的立場の「里親」をもってくるのは、私も、そういう方法があるのか、と思いました。
でも、本作は、そこで不正みたいなことが起きたわけですが。
子役がらみの映画は、見る側の気持ちが入りやすいので、佳作になりやすい気がします。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「gifted/ギフテッド」

gifted とは、天賦の才がある、ということ。
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる