サバイバー

2015.11.18 10:13|



ロンドンのアメリカ大使館に着任したケイト(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、テロリストのアメリカへの入国を事前に食い止める任務を受ける。ある日、彼女は不審な人物の入国を察知するが、そのことが原因でテロリストの時計屋(ピアース・ブロスナン)に狙われる。その後、ケイトは爆弾テロの巻き添えを食った上に、テロの実行犯に仕立て上げられ…

数ある上映中の作から本作は、夫と2人で観るために譲歩した末に選びました。ミラ・ジョヴォヴィッチがだいぶお姉さんになったけれどぴったしで久しぶりに彼女のアクションを堪能しました。。
冒頭で捕えられた軍人2人が首から提げているIDタグで情報を読み取られ、使えないと判断された兵士は迷わず殺戮され、使えると言われた兵士はパソコンから打ち出された彼の家族は揺すられます。
妙にリアリティがありました。
ラストでテロップにアメリカは9・11を忘れていないとあるけれど、この映画を作った時点ではそうだったかもしれない。でも先日アメリカに対してもテロの予告がありました。
フランスで、またロシア旅客機墜落も爆弾によるテロだったと断定されテロ事件が続発している昨今。
テロの原因が政治的というより私怨と金儲けという設定は、現代だったら荒唐無稽とは思えず、むしろあり得ると思える映画でした。
嫌な世の中!



コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる