初見でした。ジャッカルの日

2014.09.29 13:41|

 

 
(上記は宵乃さんが描かれたイラストです。このイラストが私の感想を語ってくれているようでしたので、了解をもらって頂きました。ジャッカルが林でオーダーメイドした銃を試し撃ちする時に使った標的ですが、これがまた何とも言えません。市場でスイカを買ってくり抜いた代物でした)
 
製作国 1973年イギリス/フランス
監督: フレッド・ジンネマン
 
蜂蜜をとかしたような9月の日曜日、昼下がりにぴったりの作品でした。
ジャッカルと云えば暗殺ものだよね。どことなくジャッカルの響きは懐かしい・・・
映画のスローな運びが快く、ソファーに寝転んで観た昔観たかった映画でした。
 暗殺を扱った映画なのに牧歌的な雰囲気!
当時観ていたらもっとはらはらどきどきさせられたかもしれない。それでも殺し屋家業のジャッカルがプロに徹していたのは見応えがありました。髪を染めたり、亡き人にすり替わったり、銃までプロに注文。出来上がった銃を工具で微調整するところなんかくすっと笑いたくなりました。理由は私がパソコンと携帯がある時代を知っているから。そのギャップ感はぬぐえない。それらがない時代の殺し屋は職人気質でその技に感服させられます。追う刑事側も記録や紙でわり出し、後手後手に回りながらも捜査をしていく手腕は見事というよりのんびりとしていて楽しい。最後に仕留めたのが信じがたく「お疲れ様でした」と言ってあげたいような~。
ジャッカルの身元が分からなかったのは秀逸でした。
疑問なのは製作国がアメリカなのか、それともイギリス/フランス ?
ドゴール暗殺を阻止する、フランス警察との攻防だからフランス語は欠かせないのでは!
 

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる