ターニング・タイド 希望の海

2014.08.29 16:16|

『ターニンク?・タイト? 希望の海』予告
【原題】En solitaire
【監督】クリストフ・オーファンスタン
【キャスト】フランソワ・クリュゼ,サミ・セギール,ギョーム・カネ,ビジルニー・エフィラ,カリーヌ・バナッス
2013年/フランス/101分
 
単独で一切寄港せずに世界を一周するフランスのヨットレース「ヴァンデ・グローブ」。同レースに出場したヤン(フランソワ・クリュゼ)は、故障したヨットを修理するためにカナリア諸島へと立ち寄る。修理を終えて出航した彼だったが、こっそり船内に潜んでいたモーリタニア人の少年マノ(サミ・セギール)を見つけ出す。単独航海でなければ失格になってしまうが、海上でマノを降ろすこともできないヤンは彼を連れてレースを続行するが……。
 
久々の映画館鑑賞でした。唯一残っている単館『セントラル』は、しばらく遠ざかっていた間に、持ち込んだ食べ物を飲み食いできるコーナーが設けられより利用しやすくなっていて感激しました頑張ってたんだね。
 
「最強のふたり」でのドリス(オマール・シー)とフィリップ(フランソワ・クリュゼ)の最強のタッグマッチが大好きで、フランソワ・クリュゼが主演と知り出かけて本当に良かった。「最強のふたり」では首から下が麻痺した大富豪フィリップ役、今回は猛者のヨットレーサーを演じている。彼の違う魅力を充分見せつけられた映画でした。
 ヤンが絶体絶命の危機に陥ったことを察知したフランク(ヨットのオーナー)が、飛行機で先回りし、モーターボートを駆って艇に接近し、密(ひそ)かに少年の受け渡しをしようとする。ところが、ヤンはきっぱりとそれを拒絶する時に言った言葉は
「自分で何とかする。これは俺のレースだ」
彼はたぶんそこでレースをどう締めくくるかを思いついたに違いない。少年マノがこの航海で得た素敵な宝物。彼にとってもターニング・タイドだったのでしょう
ヤンがラストに導いた行動になるほどそういう手があったのかと虚を突かれ、爽やかな感動に包まれました。
自然を背景に撮られる映画は劇場で観るべし!
それにしても6メートルほどの大波をかぶる数々の撮影はCGなのだろうか!!迫力ある大海原で自らもレースを続け船酔いまで感じる時もあった。

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる